久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

儚い人の夢

 上坂の代わりに昇格したのは、予想通り秀太でした。スーパーサブとして秀太は高く評価している自分なので、今の阪神にはムードメーカーとしては勿論、今岡の守備固め、代走要員として秀太は必要だと思っていたのでこの昇格は間違いではないと思いますが…。はぁ。でもなぁ…。久慈ファンの希望は儚い夢と消えてしまいました。

 中日の連勝も今日のヤクルト戦に敗れて止まりました。

 落合監督は試合後、「止まるには止まるなりの要素がある。周りがみんなはやし立てるから。そうは勝てるもんじゃない。止まるんだったら今日だと思っていたよ」と語っていましたが、後半戦初の地元での試合ということもあって、そのプレッシャーが選手に今まで通りの野球を出来なくさせる、と思っていたということらしいです。なるほど。

 「負けてくれてよかったよ。この先を考えて。選手にはいい1敗。もとに戻るだろう」

 「負けてくれてよかった」なんて、じつに落合監督らしい言い回しです。日本のプロ野球の監督12人の中で、こんなことを堂々と言える監督は他にいないでしょう。器の大きさを改めて実感するコメントです。確かに選手達にとってもこの日の1敗で、連勝中、日に日に貯まって来ていた余分な力が抜けたことでしょう。そういう意味では、まさに後々のことを考えると意義ある1敗だったのかもしれません。

 阪神も負けてゲーム差は3のまま。今日から仕切り直しです。
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-02 22:59 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite