久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

2001年セリーグ開幕! テルも李も大豊も!

 待ちに待った2001年セリーグの開幕です。
 我らがドラゴンズはカープを迎えて本拠地で開幕です。明日の2戦目は観戦に行く予定ですが、今日はテレビ観戦です。ほんと、こんなに開幕が楽しみだった年は今までなかったというくらい興奮しています。

 昨年、優勝候補の筆頭に挙げられながらも巨人に独走を許してしまった中日ですが、トレードや外国人の補強を行い、今年は優勝が狙えそうな感じがします。

 個人的には、昨オフ、出場機会の激減からFA移籍の噂が出ていたものの「もう一度レギュラー獲りを狙う」と残留した久慈ことテル(今年の登録名)、アンローとの外国人選手枠の争いに勝って開幕一軍の切符を手にした4年目の李鍾範、そして阪神を自由契約になり中日に復帰した大豊がどのくらい活躍してくれるかが大いに楽しみです。

 その開幕戦、李もテルも大豊もスタメンではありませんでしたが、共に終盤の勝負どころで代打で出場。李は何故か送りバントを命じられ、これを失敗。しかし「代打李鍾範」のアナウンスで物凄い歓声が起きたのには鳥肌が立った。次は頑張って欲しい!(しかし何で李にバント? サインを見た李も「は!?」という感じで思いっきり怪訝そうだったし…)

 同じく大歓声で迎えられた大豊は内野の間をボテボテで抜く「らしくない」ヒットで復帰第一打席を飾り、テルは終盤(回数は忘れてしまった…笑)、無死一塁の場面で山﨑の代打で登場。この時、星野監督が球審に代打テルを告げる時、何回か「テル」「は?」というやり取りがあり、最後には星野監督が苦笑いを浮かべながら「久慈」と言って球審もやっと「ああ…」とやっと理解したというエピソードがあったそうです(笑)。
d0047363_2341641.jpg

d0047363_23434980.jpg

 代打テルは、見事送りバントを決めました。さすが! そしてこの送ったランナーがホームに還り、中日は逆転勝利! テルは代打で出て守備につくのかな~と思っていたら、セカンドの立浪に代わってショートの井端がセカンドに入り、そしてテルがショートに入りました。井端の成長もドラファンとしては嬉しいですが、やはり中日の№1ショートはテルだと思っているので、この起用法は嬉しいです。いやー、しかし今日は総力戦のいい勝ち方でした。

 明日の観戦が待ち遠しい!
[PR]
by Izanagi32 | 2001-03-30 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite