久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

地元で星野阪神との初戦を観戦!

 プロ野球ファン注目の中日×阪神の今季第1戦。星野阪神との因縁の対決は、僕の地元の豊橋での試合でした。
 もともと豊橋には熱狂的なドラゴンズファンが多い上、後援会もあり毎年監督や選手を招いて激励会を行ったりと中日にとってはお馴染みの土地。更に昨年まで監督だった星野監督も「名古屋より中日ファンの比率が高い豊橋で是非公式戦を…」と訴えていたこともあり、今年、47年ぶりという豊橋での公式戦が開催されることになったわけです。
 しかし、その後星野監督が阪神の監督になり、今年、中日との初戦がこの豊橋での試合になったのは、星野監督にとっては何とも皮肉なものです。しかし、地元の中日ファンにとってはこの歴史に残る星野阪神との記念すべき一戦がここ豊橋で行われるというのはとても嬉しいことでもあります。チケットは2月の発売日に即日完売、僕も勿論、職場の熱心なドラファンの人達とこの試合を観るために球場に駆けつけました。当日は天候が心配されており、昨晩から当日の午前中までは雨が降ったり止んだりでしたが、昼過ぎからは曇天模様のまま持ちこたえ、試合中は綺麗な三日月が見られるまでに回復していました。仕事が終わった後、急いで球場を目指した僕達は、予想通りプレイボールには間に合いませんでしたが、1回の表が終わった頃には無事席に着くことが出来ました。

 球場は超満員の16,000人の発表。夜風が肌寒いくらいですが、中日側・阪神側ともに盛り上がりは凄まじく、物凄い熱気です。
 先発は予想通りバンチと藪。中日は初回に走者を2人出したものの得点出来ず、続く2回表の阪神も走者2人を出して得点出来ず…と双方チグハグな攻撃。両チームとも打線が弱くて投手がいいチームなので、似たような戦い方だなーと思ったのも束の間、2回裏に先頭の山﨑武の特大(この球場だから?)のホームランで中日が先制です。そしてなんと続く谷繁も場外ホームラン(この球場だから?)で中日ファンの盛り上がりは早くも全開です。その後はバンチも藪も好投し、このままゼロ行進で行くのかなーと思う展開になってきました。
 7回表にバンチが急に乱れて連打と犠打を絡めて同点にされると、星野監督はその裏から期待の伊達をマウンドへ。しかしこの日は大乱調で、二死満塁のピンチを招くと打者井上のところで暴投。中日が勝ち越し点を奪います。井上が四球で再度満塁になって谷繁が走者一掃のタイムリー二塁打を放つと、中日ファンの盛り上がりはピークに達します。これで6対2となり勝負アリです。守備陣も久慈、大西、渡辺を投入して万全の状態で星野阪神との初戦に勝利を収めたのでした。

 セカンドの守備固めで途中出場の久慈さん、8回裏に打席が回ってきました。打席に入る久慈さんに、思わず「てるよし~!」と大声で叫んでしまいました(笑)。
d0047363_23314027.jpg

 久慈さんの打席は残念ながらレフトフライでしたが、久慈さんは中継ぎで登板した正津や紀藤がピンチになった時にはマウンドに歩み寄って声を掛けていました。こういうベテランらしい気の配り方も観ていて嬉しくなりました。

 首位の好調阪神を止めたというのも嬉しいですが、今季のベストゲームとも言える内容で星野監督との対決に勝利したというのが何より嬉しい勝ち試合でした。そして、やはり仕事帰りに地元で試合が観られるというこの幸福も、何物にも代え難いものでした。また来年以降も是非とも豊橋で公式戦を行ってもらいたいものです。
d0047363_23354417.jpg
  
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-16 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite