久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

久慈さん甲子園のグラウンドに立つ!

 今日は朝からネットで阪神系のスポーツ紙をチェック。よしよし、どの新聞にも久慈さん昇格の記事が出ています。デイリーでは昨日に続きスタメンと報じていますが…。

◆久慈が一軍昇格!「8番・遊撃」でスタメン

 6年ぶりに古巣復帰した阪神・久慈照嘉内野手(34)が27日に一軍昇格。横浜戦(甲子園)に「8番・遊撃」でスタメン出場する。藤本敦士内野手(25)の左ひざ故障による昇格だが「やるべきことはわかっている」。高い守備力を誇る仕事人が、2053日ぶりにタテジマで立つ甲子園で“円熟”の働きを見せる。

 松山から甲子園に戻ってきた猛虎軍団を、懐かしい顔が出迎えた。

 「監督に『お前、誰や?』って、温かい激励の言葉をもらいました」。笑顔の主は、久慈。藤本の左ひざ故障に伴い、この日の練習から、ついに一軍合流だ。「僕は、与えられた仕事をひとつひとつ、キッチリするだけですから。やるべきことはわかっています」

 藤本の離脱は悲しい。しかし虎党にとって、6年ぶりに見られる久慈のタテジマの勇姿は、懐かしく、嬉しい話題だ。

 D2位で入団した92年。優勝争いの中、ルーキーながら121試合に出場(打率・245)し、新人王に輝いた。1メートル69の体で華麗な守備を見せた“平成の牛若丸”。98年からは中日へ移籍し、99年にVを経験。そして今季、再び古巣へ-。

 キャンプ中に左わき腹を痛めて出遅れたが、完治して二軍16試合に出場(・222)。「調子はいいですよ」と、満を持しての初昇格だ。

 「久慈はいい振りしてたなあ。困った時のベテランだよ。話? してない。やることはわかっているよ」。開幕当初から「藤本がバテたら久慈を上げる」と言ってきた田淵チーフ打撃コーチは、室内での打撃練習を見終えるとスタメンを公言した。若虎の勢いと、経験豊富なベテランの融合。これが今年の阪神の強さであり、層の厚さだ。

 もちろん闘将の期待も大きい。「うちで一番バントがうまいのは、久慈や」。ここ数試合、勝負所での赤星、藤本のバントミスに厳しいゲキを飛ばしてきた星野監督はVイヤーの“戦友”に、絶大な信頼感を示した。

 「いろんな失敗もしてきたし、難しい場面だとよくわかっている。そういう(小技を決める)立場の人間ですから」。通算226犠打の職人は、その後も居残って30分以上、黙々とバント練習を続けた。

 97年10月12日以来、2053日ぶりにタテジマで立つ甲子園。“代役”ではない。藤本とはまた違う、34歳の久慈が見せる「8番・遊撃」に、聖地の歓声が注がれる。


 これを読んで出勤したので仕事なんて手につきませんでしたよ(笑)。定時で帰り、(テレビ中継はないので)ラジオで試合を聴きました。そしたらスタメンは秀太じゃないですか(笑)。星野さんの性格からして、あれだけ各スポーツ紙が「久慈スタメン」と書き綴ったら、当初はそのつもりだったとしてもスタメンはオッキーとか秀太にするんじゃないかと思っていたんですが…。

 まあでも、秀太は開幕からずっと一軍にいましたから、優先順位としては彼が妥当ですよね。いいんです、久慈ファンはじらされるのには慣れてますから。一軍ベンチにいるというだけでこんなにも充実していると感じられるのは、久慈ファンだけかもしれません(苦笑)。

 さて、今晩はデートでしたが、ロングドライブ(笑)で車の中でラジオを聴き続けました。そして、阪神優勢で試合が進んで行きます。'99年の中日時代の星野監督は、こういう試合では必ず終盤守備固めで久慈さんを起用していました。その時と今甲子園で行われている試合がダブってきます。来るぞ、来るぞ、来るぞ……来たーー!! 守備固めで久慈さん登場!

 「ショート久慈」がコールされた瞬間の甲子園の大観衆の歓声は物凄かったらしいです(ラジオではコールの瞬間はCMだったので聴いてないんです)。阪神時代の過去6年間はスタメンを張り、新人王獲得、オールスターにも3回出場。阪神ファンはその復帰を心から喜んでくれていたみたいで久慈ファン(でも中日ファン)の自分としてもすごく嬉しかった。辛抱強く一緒にラジオを聴いてくれていた彼女も共に喜んでくれました…。

 ほんとに……ラジオ中継を聴いてこんなに嬉しかった試合など今まで一度もあったことがありませんでした。今日の阪神×横浜戦は、ほんとそういう試合でした。
[PR]
by Izanagi32 | 2003-05-27 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite