久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ベースボール・ヒーローズ( 5 )

BBH近況②

 昨日の記事の続きです。

 1番から3番まで打率と出塁率の高い打者を並べ、4番には長打力はなくともチャンスでの勝負強さのある福浦(ロッテ)を配して臨んだBBHですが、本日4試合やって1勝2敗1分とまたも負け越してしまいました。

 まだ初段の自分に対して相手がみんなかなり格上だった(5~7段)こともありますが、それにしても点が取れませーん。相変わらずヒットでチャンスは作るんですが、今日も4試合で得点はわずか3点。その3点のうち1点は久慈さんのスクイズで、もう1点はゲッツー崩れの間に入った1点。つまりタイムリーでの得点はわずか1点のみ。4試合でタイムリー1本だけですよ。いくらなんでもこりゃちょっと重症です(原因として自分の采配ミスもありますが…)。

 采配や作戦面での失敗は自分がもう少しプレイして経験を積まないとどうしようもならない部分もあるわけですが、チーム成績を見てみると、得点力に直結する本塁打数、盗塁数が極端に少ないのがやはり気になります。それを補うためには選手カードの補強が必要になってきますが、友人とのカードトレード、オークションやショップで使えそうなカードを手に入れる等、いろいろ補強の方法はあるものの、資金力(小遣い)の問題もあって何千、何万円と値のついているキラやグレードカードは買えないですし、そこまでいかなくても個人的に500円以上の値がつけられているカードは買いたくない(500円出すなら1ゲームプレイしたい)ので、なかなか大きな補強は出来ません。

 そんな時、前回の記事に書いた、立浪や関川らのカードをくれた同僚からメールが来て、使ってないから荒木(中日)のキラカードを譲ってくれるというので(ありがとう!)、次回プレイする時は早速登録して使うことにしました。また、代走要員として天谷(広島/外野手/走力18…一時期代走要員で登録していたものの現在は登録抹消中)の再登録も考えています。これで多少は足を絡めた攻撃が可能になるかもしれません。

 荒木の代わりに清原を、天谷の代わりに川相、秀太、森笠、関川のうちの誰かを抹消する予定です。長打力不足の中、チームの二冠王の清原を抹消するのは苦渋の決断ですが、ファーストの福浦が好調で、サードの今岡も外せない事を考えると、清原はスタメンで使うこともほとんどなくなってしまうので、抹消を決めました。長打はアレックス、嶋、ラロッカ、今岡らに期待することにして、まずは理想とする「機動力を活かしたつなぎの野球」を目指すことにしたいと思います。

 さて、『久慈記』的にはこのゲームの中の久慈さんについても触れないわけにはいきますまい(笑)。

 我がチームの久慈さんは、全28試合中26試合に出場、65打数19安打で打率.292と好調を維持しています。他の選手との兼ね合いもありたまにスタメンを外れることもありますが、勝ちパターンに入れば守備固めで登場してきます。

 チーム全体の得点力のなさもあり、打点は1打点のみ(先に書いたスクイズでの打点)ですが、守備では好手を連発していて、今日の試合でも'99年開幕直後の武田一浩投手の完封試合の時の、最後の打者のフライを背走キャッチした時のようなファインプレーが飛び出しました。

 ゲームの中でとはいえ、久慈さんの現役時代を彷彿とさせる活躍が見られるのも、自分がこのゲームにハマる理由の1つであることは間違いありません。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-29 02:19 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(4)

BBH近況

 以前書いたアーケードゲーム「ベースボール・ヒーローズ」ですが、現在25試合を消化しまして、初段と2段の狭間で奮戦中です。

 現在の主な布陣(基本オーダー)です。

 ①小関(右/西武(現・巨人))
 ②福浦(一/ロッテ)
 ③今岡(三/阪神/キラ)
 ④ラロッカ(二/広島(現・ヤクルト)キラ)
 ⑤アレックス(中/中日)
 ⑥嶋(左/広島)
 ⑦久慈(遊/阪神)
 ⑧谷繁(捕/中日)

 控え
  柳沢(捕/中日)
  清原(一・三/巨人(現・オリックス)キラ/調子次第でスタメン)
  立浪(三・外)
  秀太(二・三・遊・外/阪神/代走・守備固めの他、スタメンも多い)
  川相(二・三・遊/中日/ピンチバント、守備固め)
  森笠(外)
  関川(捕/外)

 先発
  工藤(巨人/キラ)
  上原(巨人/キラ)
  ドミンゴ(中日)
  藤井(ヤクルト)
  川島(ヤクルト/キラ)

 中継ぎ
  岡本(中日/キラ)
  山井(中日)
  河原(西武)
  ベイル(広島)

 抑え
  久保田(阪神)

 …と、こんな感じです。職場でやっている人が何人かいるのでカードの交換もたまにやっているんですが、喉から手が出る程欲しかった左の中継ぎのベイルは交換で獲得したカード、立浪、関川、嶋は同僚に温情でもらったカードです(笑)。あと、我らがスーパーサブ・川相はオークションで100円で落札しました(笑)。

 スタメンは調子次第で流動的なので、4番も毎試合変わっているんですが、だいたいラロッカか清原、アレックスが4番を打っています。しかし、毎試合チームの得点力があまりに低すぎるので(毎試合2ケタ安打でも1、2点しか取れないとかいう状態)、次回からはとりあえず長打力よりも打率が高くてチャンスに強い打者を4番に据えようと思っています(現時点では福浦が候補)。

 控えの清原は弾道MAXなので当たればデカイのを打ってくれる(打率は1割代ですが現在チームの打点、本塁打の二冠王)ので調子がいい時はサードスタメン使うんですが、その時はサードの今岡がセカンドに、セカンドのラロッカがショートにまわり、久慈さんはスタメンを外れて守備固めになります。でも、清原、今岡の守備はそれぞれDだし、ラロッカもショートはCだし、ファーストの福浦もそんなに上手いわけじゃないし…。ってことで打撃は強力でも内野守備がボロボロになってしまうこの布陣はあまり好きではないんですよねー。基本的にショートは久慈さんです(現在打率.303)。立浪、関川は控えになっていますが、これはまだカードをもらったばかりで一度もゲームで使っていないためです(笑)。能力的には十分スタメンで使える能力なので、他の選手の調子との兼ね合いでスタメン起用もあるはずです。

 そう、このゲームの場合、スタメンを決める時にならないとその試合での選手の調子が分からないので、実際はセカンドの今岡が外れてラロッカ・久慈さんの二遊間になったり、福浦が外れてファースト清原になったり、谷繁が外れてスタメンマスクが柳沢だったり、ラロッカが外れてセカンド秀太だったり…とほぼ毎試合オーダーは変わっているので、上に挙げた基本オーダーで戦えること自体あまりないんですね。でも、そんな感じで3試合に1回くらいはスタメンになる秀太や柳沢も、共に打率3割以上打っているので彼らがスタメンでも十分戦えます。まさにスーパーサブ!

 うちのチームには前にも書いた通り、最初は渡邉や光ちゃん、澤井、森野、森岡といったドラゴンズ組もいましたが、渡邉は実際と違って守備が上手くないし打つ方もイマイチ、光ちゃんも最初の頃、代打ホームランを1本打った他は全然打たないので、現在は共に登録抹消中…。森野、森岡、澤井らも同様にこのゲームでは能力が低く使えないので、初期の段階で消えました(でも今は代打の切り札と一塁の守れる控えがいないので、近々光ちゃんと渡邉は再登録する予定。そうなると誰を登録から外すかが問題になってくるわけですが…)。

 しかしまあ、こうして自分が監督となってゲームをするのなら、各球団のスター選手を集めたドリームチームを作って戦うよりも、自分の好みの戦いが出来る個性を活かしたチーム作りをしたいと思っています。特に自分の場合は一芸に秀でた職人軍団は外せません。0対1で負けてた試合で、9回2アウトランナーなしの場面から代打で起用した光ちゃん(特殊能力・代打)が同点ホームランを打ってくれた時や、終盤逃げ切りを計ったもののリリーフ陣が打ち込まれ1点差まで追い上げられて、なおも二死満塁のピンチで、守備固めで投入していたショートの久慈さん(特殊能力・守備職人)が、センターに抜けそうな痛烈な打球に追い付いて間一髪アウトにした時などは、何とも言えない充実感に包まれます(笑)。自分の場合、はっきり言って、こういう事が出来るからこそ、このゲームをやっているようなものです。リードして終盤を迎えれば、久慈さん、秀太、川相ら守備の上手い選手を試合展開や状況に応じてどんどん守備固めで投入していくんですが、この詰め将棋のように相手を追い詰めていくようなサブ選手の起用方が好きなんです(これは星野監督の影響だな…)。

 初プレイから約1ヶ月で1万円程を注ぎ込ませたこのBBH。金欠会社員にとってはまさに悪魔のゲームです…(笑)。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-28 00:26 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(0)

BBH ~ゲームの中の久慈さん

 今週は夜勤だったのですが、昨日の朝、野球好きな同僚(巨人ファン)とやりに行ってきましたよ、ベースボール・ヒーローズ(以下BBH)を。

 既に行った人の話だと、先述したように物凄い人気で全然やれない、とのことだったので、夜勤が終わってからコンビニで時間を潰し、朝10時のゲーセンの開店と同時に入店しました。平日の朝ということもあってかさすがにそんなに早く来ている人は他にいませんでしたが、自分達がBBHをプレイし始めた頃には残りの席も埋まり、後ろには待ちの人がちらほら見受けられるようになっていました。

 同僚と2人で隣同士の台に座ったんですが、同僚の台の上には何故か阪神の藤川のカードが。恐らく昨日最後にプレイした人が忘れて行った物だと思われますが、思わぬ置き土産に同僚は歓喜。自分が以前100円で買ってきてプレゼントした巨人・斎藤と前田幸長のカードと一緒に早速選手登録していました(笑)。

 自分は昨日書いたオーダーでデビュー戦に臨み、何とか辛勝。最初はタッチパネルの操作やカード操作がうまく出来ず慌てましたが、2度、3度とプレイするうちにこの辺のことは慣れてきて、大分スムーズにプレイ出来るようになってきました。

 BBH、やる前までは試合は「やきゅつく」みたいな感じで対戦していくのかと思っていたのですが、「やきゅつく」より遥かに監督(自分)の采配が大きく試合の進行を左右するゲームで面白いですね。そして何より、プレイ後に出てくる選手カードを開ける時が楽しい(笑)。いい選手が出ると今度はそのカードを使ってプレイしたくなってしまう悪循環。こりゃお金がいくらあっても足りませんわ。

 自分が計4回プレイして手に入れた8枚のカードの中で、使えそうなのは井上(中日)と小関(当時西武)、久保田(阪神)くらいだけだったのに対し、隣の席の同僚は、多村(横浜、キラカード!)、古田(ヤクルト)、石井琢(横浜)、工藤(巨人)、佐々木(当時横浜)など。拾った藤川を含め、一線級ばかり。プレイした回数が違うから彼の方が沢山いいカードが出るのは仕方ないとしても、いいなあ、羨ましいなぁ…。

 自分は使える金額が決まっていたため4試合(2時間くらいいたかな?)で帰りましたが、その後も同僚はすっかりハマって計4時間半プレイしたそうです(笑)。

 いや、でもちょっとやばいですよ。BBH、かなり面白いです。自分もまた小遣いの続く限りゲーセン通いになりそうです……。

 …と思っていたら今朝も夜勤が終わった後また行ってプレイしてしまいました(笑)。今回は自分も今岡(阪神、キラ)やズレータ(ホークス)、山井など使える選手が出てまずまず満足。でもこの調子で小遣いを使っていったらいくらあっても足りませ~ん。

 あ、そうそう。

 自分、チームは中日でプレイしてるんですが、久慈さんのカードも使っているので久慈さんも勿論使っています。ここまでプレイした9試合中、久慈さんはスタメンで5試合、途中出場で3試合の計8試合に出場していて、打撃成績は21打数5安打の打率.238、1犠打、2四球となっております。

 スタメンの時は主にセカンドかショートで2番か7番で使っていますが、昨年我々ファンが観られなかった久慈さんの走攻守に渡るプレーをゲームの世界でですが堪能しています(笑)。というのも、久慈さん、チームが中日なので当然ゲームの中では中日のユニフォームなのですが、現在の中日のユニフォームを着た久慈さんの姿というのも全く違和感がない上に、このゲームの久慈さんは顔がめちゃくちゃ本人にそっくりなんですよ! 嬉しいなあ…。下のケータイ写真では判り辛いと思いますが…。
d0047363_12414687.jpg

 スーパーサブス的には久慈さんを守備固めやピンチバントで起用するというのも面白そうなんですが、調子のいい時はずっとスタメンで使い続けるつもりです。目指せ3割(笑)!
[PR]
by Izanagi32 | 2006-04-29 12:47 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(3)

ベースボール・ヒーローズ②

 以前話題にしたベースボールヒーローズ(以下BBH )ですが、今月中旬にようやく近所のゲーセンに導入されました。

 他県や、同じ愛知でも尾張地方や西三河のゲーセンには半年くらい前には普通に導入されていたのに、自分の住む東三河のゲーセンには全く入らず、雑貨屋でBBHの久慈さんのカードを見つけて買ったりはしたものの、そのカードを実際にゲームで使うことは出来ないでいたのでした。

 しかし、3月のWBCの盛り上がりとプロ野球開幕で、「もしかしたら4月くらいになればどこか近所のゲーセンが導入するかも」なんて期待してたんですが、久慈さんのカードを買った雑貨屋の近くのゲーセンにほんとに入ると聞いた時には「やっとこの久慈カードが使える!」と嬉しくて嬉しくて。

 まだ実際にプレーには行ってないんですが、行った人の話だとBBHの周りは黒山の人だかりで画面も見ることが出来ない盛況だとか(全国的に見ればもうブームは去ったと言われるゲームなのに…田舎だなぁ・笑)。自分達同様待ち焦がれていた人が沢山いたんですねぇ~…。

 このゲーム、1ゲームプレイする度に2枚選手のカードが手に入るんです。勿論誰が出るかは全く分かりません。そうして手に入れた選手カードを使って自分でオーダーを組み、駆使して全国のプレイヤー達と対戦していくんですが、当然最初は手持ちのカードはないわけです。なくてもプレーは出来るんですが、やっぱりどうせやるなら最初から好きな選手達を使ってプレイしたい……ということで、久慈さんや秀太、中日の高橋光信らは既に持っているので、あと中日のアレックスが欲しい…ということでネットオークションで探して手に入れました(笑)。アレックスのカードは、こういうカードを扱っているショップなどで単品で買うと1000円くらいはするようですが、自分が落札したのはアレックスの他に岡本(キラ)、ドミンゴ、マルティネス、森野、柳沢、澤井、森岡ら中日のそこそこ使えそうなクラスの選手ら8枚セットで310円(入札開始価格は100円から)というお買い得なものでした(笑)。

 まだゲームは一度もプレーしていないのにこれでカードの手持ちは12枚(笑)。偶然ポジションも一応全て揃ったので、試しにこの手持ちのカードだけでオーダーを組んでみました。

①森岡(二)
②久慈(遊)※阪神
③渡邉(右)
④アレックス(中)
⑤森野(左)
⑥高橋光(一)
⑦秀太(三)※阪神
⑧柳沢(捕)
⑨ドミンゴ(投)

 DHが必要な場合は、唯一残っている野手の澤井がDHです。

 しかしこのオーダー……弱そうだなあ(笑)。渡邉・森野がクリーンアップで両翼の守りってヤバイよなぁ~(笑)。2人とも外野守備Eだし…。でも他に外野いないもんなぁ…。秀太も外野守れるけど内野の守備力が高いから内野で使いたいし…。常時レギュラーで使えるのは久慈さんとアレックスだけかなぁ~。とか考えるのが楽しいんですよね。「やきゅつく」もそうですが、それが醍醐味で。
d0047363_10124336.jpg

 でもやはり「2番ショート久慈」は文句なしのレギュラー確定ですよ。守備力も高くて特別能力には「守備職人」もあるしバントの能力も高いし…。アレックスはチャンスに弱い(変なとこで忠実なんだよなぁ…)ので、将来的には6番あたりに収まるといいかも。

 どちらにしても久慈さんとアレックスを中心に(?)まずはこのメンバーで戦って行って、使える選手のカードが手に入ったら適宜入れ換えていくような感じになるんでしょう。

 カードショップに行ってお金さえ出せばいくらでも即戦力のカードは揃いますけど、最初からオールスターチームを作ってプレイしてもカードを集めていく楽しみがなくなっちゃいますからね。最初はこのチームでやれるだけやってみます(厳密に言うと一番最初にプレイする際は持っているカードは使えないので、初めの1ゲーム分で手に入る2枚のカードを含めた14枚が最初の手持ちということになりますが、まあ細かい事は抜きで…笑)。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-04-27 10:13 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(2)

スペシャルスキル・守備職人

 数日前に出た、「久慈、サムライ那覇のコーチに就任か」という情報は、その後全く続報がないことからどうやらデマだったようです。デマというか、もともと「サムライ那覇のセレクターとして参加」という事だったのが、どこかで話が間違って「コーチとして参加」になってしまったという経緯が真相のようです。

 人と面と向かって話していると「ほんとかよ?」と疑うような事でも、ネット上で知らない人が文章にして書いていると何となく信憑性が増してしまって信じ込んでしまうということはよくあることですが、今回もそのパターンのようです。果たして久慈さんの去就はどうなっていくのでしょうか。

 話は変わりますが、最近はサッカーやガンダムや三国志などを題材にした、1ゲーム500円くらいするカードゲームが人気ですが、これの野球版で「ベースボール・ヒーローズ」というゲームがあります。

 これは自分が監督になって色々な選手のカードを使って作戦を立てて試合をしていくゲームなんですが、500円でプレー(1試合)すると2枚カードが出てきます。勿論誰のカードが出てくるかは袋を開けるまで分からず、一流選手の場合もあれば三流選手の場合もあります。選手個々に能力が異なり、自分は監督として手持ちのカードで好きなオーダーを組み、選手を起用して戦っていくわけです。

 残念ながら自分の住んでいる地域にはこのゲームを置いている店がなく、職場には何人も「近くのゲーセンにこのゲームが入ったらやりてぇ~」と言っている人間がいるのですが、未だ実際にプレーしたことのある人はいません。当然自分も未経験者なのですが、とりあえずどんなカードなのか興味があったので、これらのカードを扱っているショップに仕事帰りに寄りました。

 この手のカードゲーム(ムシキングやガンダム、三国志など)のレアカードは1枚数万円というプレミアで取り引きされていますが、このショップはその手のカードを沢山扱っており、この「ベースボールヒーローズ」のカードも結構売っていました。ショーケースに入れられた数万円もするようなレアカードには目もくれず、普通のレギュラークラスの選手が並ぶ500円コーナーも無視して沢山並んでいる100円カードを物色すると、おおお、久慈さんのカードがありました。更に他を見ると中日の高橋光信や渡邉、澤井などのスーパーサブの面々や、森野、鈴木義といった一軍クラスの選手もありました。悩んだ挙句、この中から阪神の久慈さんと秀太、中日の光信と渡邉、巨人の前田幸と斉藤を購入しました。
d0047363_0503746.jpg

 久慈さんを買うのは間違いないとして(笑)、その他の選手についてですが、中日の光信と渡邉はスーパーサブ応援団の自分としては当然抑えておくべき選手なので迷わず購入。その際、代走要員の澤井も買おうか迷いましたが、阪神の秀太の方が代走要員としては能力が上で守れるポジションも多かったので結局秀太を選択。巨人のカード2枚は、このゲームに興味を持っている巨人ファンの同僚へのプレゼントで買いました(100円カードの中では前田と斉藤は能力が高かったので)。

 帰宅してカードをよく見てみると、久慈さんの能力が意外に高いことが判明…というか、守備力は20点中18点だし、バント能力も高く、特別能力として「守備職人」というスキルを持っていました。打撃能力も悪くないし、自分がこのゲームをやることが出来たらスタメンでガッチリ使いたい能力です。
d0047363_0595412.jpg


 ああ~、早くどっか近くにこのゲームが入らないかなぁ~。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-02-25 01:00 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(4)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite