久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2002年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

登録抹消…

 前日の試合で腰を痛めて途中交代した久慈さんですが、症状が重いのか山田監督の怒りを買ったのか、登録抹消となってしまいました。
 ファンもショックですが、中スポにも久慈さんの「ショックです…」というコメントが載っていました。開幕から守備固めなどで少しずつ貢献してきてやっとスタメンの座に返り咲いたと思ったら故障で即抹消……。残念で、悔しくて、言葉もありません。
 久慈さんには、あせらずゆっくり怪我を治して、また再び一軍に戻って来て欲しいと願うばかりです。
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-29 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

久慈さんスタメン出場! しかし…

 ナゴヤドームに観戦に来たこの日のスタメン発表の時、驚愕の出来事がありました。なんと、久慈さんが2番セカンドでスタメン! 昨年、星野監督政権下ではスタメン起用がなかったので、実に1年半以上ぶりのスタメン出場ということになります。今日ドームに来ることにして良かった(涙)! 客席も当然「2番セカンド、荒木」というアナウンスを予想していたと見えて、久慈さんの名前がコールされた時は「久慈!?」という反応でしたが、その後じわじわと歓声と拍手が起こったのも嬉しかったです(目の前にいた若い荒木ファンらしき女性は「荒木じゃないの~!?」と不服そうでしたが…笑)。
 井端が1番を打っている現在、2番打者としての適正は荒木より久慈の方が上だと思うので、このオーダーには大賛成です。攻撃的オーダーで行くのなら波留の2番というのも良いと思うのですが、今日の先発が苦手の右腕・鶴田ということで左の久慈を起用したのかもしれません。それは、5番以降、立浪・井上・関川(!)というオーダーを見ても明らかでした。
 最初に中日の選手が1人ずつ守備に就く時も感動モノでした。名前をコールされてベンチから走り出してくる久慈さんの姿、スクリーンに映し出される久慈さんの姿。表情までは伺えませんでしたが、久慈さんの心の中も万感の思いでいっぱいだったのではないかと思います。久慈さんのスタメンの姿を観られただけでも、ファンとしては今日来た価値があったというものです。
d0047363_033456.jpg

 中日の先発は、同じ広島戦でプロ初勝利を挙げて以降、急成長した感のある朝倉。こちらも期待です。しかし朝倉は初回、先頭打者木村の打球を足に受け、なんと4球投げただけで降板。プレイボールから5分も経っていないあっという間の出来事でした。後を受けた山北はなかなかストライクが入らず2番の東出にストレートの四球。結局このランナーが還って広島が先制してしまいます。こんな状態での登板では山北を責めるのは酷ですが、こういうチャンスをモノに出来れば監督やコーチ、そして名前がコールされた時に「えー、山北ぁ?」という反応を見せた多くのドラゴンズファンに信頼を持ってもらうことが出来るのですから、頑張ってもらいたいものです。
 いきなりのアクシデントでつまづいたドラゴンズですが、1回裏の攻撃、井端が倒れて久慈さんが打席に入ります。1回の攻撃から久慈さんの打席が観れる。くーっ、スタメンっていいなぁ(笑)。
d0047363_035167.jpg

 しかし、久慈さんは止めたバットにボールを当ててしまい、中途半端に内野ゴロ。残念。でもスタメンだからまだ次があるさー…と思っていたら、何故か2回の守備から久慈さんが荒木と交代…。何で? 後でテレビ観戦していた友人からメールが入り、どうやら先ほどの打席でバットを止めた時に背筋を痛めたとのこと。ガ~ン!
 ショックで、その後の試合展開はあまり覚えていません。負けたし。3タテを喰らったし。あー。あー。あー。
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-28 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

3試合連続出場

 今日の試合も久慈さんは途中から出場し、これで3試合連続の出場です。開幕当初はなかなか出番が来なかった久慈さんですが、セカンドの守備固めをメインにここのところ出場機会が増えていて嬉しい限りです。打撃の方も打席数こそ少ないものの、4打数2安打と好調です。セカンドの荒木は調子が良くないですし、スタメンでの起用もあるかもしれません…。
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-21 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

地元で星野阪神との初戦を観戦!

 プロ野球ファン注目の中日×阪神の今季第1戦。星野阪神との因縁の対決は、僕の地元の豊橋での試合でした。
 もともと豊橋には熱狂的なドラゴンズファンが多い上、後援会もあり毎年監督や選手を招いて激励会を行ったりと中日にとってはお馴染みの土地。更に昨年まで監督だった星野監督も「名古屋より中日ファンの比率が高い豊橋で是非公式戦を…」と訴えていたこともあり、今年、47年ぶりという豊橋での公式戦が開催されることになったわけです。
 しかし、その後星野監督が阪神の監督になり、今年、中日との初戦がこの豊橋での試合になったのは、星野監督にとっては何とも皮肉なものです。しかし、地元の中日ファンにとってはこの歴史に残る星野阪神との記念すべき一戦がここ豊橋で行われるというのはとても嬉しいことでもあります。チケットは2月の発売日に即日完売、僕も勿論、職場の熱心なドラファンの人達とこの試合を観るために球場に駆けつけました。当日は天候が心配されており、昨晩から当日の午前中までは雨が降ったり止んだりでしたが、昼過ぎからは曇天模様のまま持ちこたえ、試合中は綺麗な三日月が見られるまでに回復していました。仕事が終わった後、急いで球場を目指した僕達は、予想通りプレイボールには間に合いませんでしたが、1回の表が終わった頃には無事席に着くことが出来ました。

 球場は超満員の16,000人の発表。夜風が肌寒いくらいですが、中日側・阪神側ともに盛り上がりは凄まじく、物凄い熱気です。
 先発は予想通りバンチと藪。中日は初回に走者を2人出したものの得点出来ず、続く2回表の阪神も走者2人を出して得点出来ず…と双方チグハグな攻撃。両チームとも打線が弱くて投手がいいチームなので、似たような戦い方だなーと思ったのも束の間、2回裏に先頭の山﨑武の特大(この球場だから?)のホームランで中日が先制です。そしてなんと続く谷繁も場外ホームラン(この球場だから?)で中日ファンの盛り上がりは早くも全開です。その後はバンチも藪も好投し、このままゼロ行進で行くのかなーと思う展開になってきました。
 7回表にバンチが急に乱れて連打と犠打を絡めて同点にされると、星野監督はその裏から期待の伊達をマウンドへ。しかしこの日は大乱調で、二死満塁のピンチを招くと打者井上のところで暴投。中日が勝ち越し点を奪います。井上が四球で再度満塁になって谷繁が走者一掃のタイムリー二塁打を放つと、中日ファンの盛り上がりはピークに達します。これで6対2となり勝負アリです。守備陣も久慈、大西、渡辺を投入して万全の状態で星野阪神との初戦に勝利を収めたのでした。

 セカンドの守備固めで途中出場の久慈さん、8回裏に打席が回ってきました。打席に入る久慈さんに、思わず「てるよし~!」と大声で叫んでしまいました(笑)。
d0047363_23314027.jpg

 久慈さんの打席は残念ながらレフトフライでしたが、久慈さんは中継ぎで登板した正津や紀藤がピンチになった時にはマウンドに歩み寄って声を掛けていました。こういうベテランらしい気の配り方も観ていて嬉しくなりました。

 首位の好調阪神を止めたというのも嬉しいですが、今季のベストゲームとも言える内容で星野監督との対決に勝利したというのが何より嬉しい勝ち試合でした。そして、やはり仕事帰りに地元で試合が観られるというこの幸福も、何物にも代え難いものでした。また来年以降も是非とも豊橋で公式戦を行ってもらいたいものです。
d0047363_23354417.jpg
  
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-16 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

久慈選手、中日で初ホームラン!

 先発の宮越が序盤からボロボロで大量リードを奪われたため、山田監督は試合を捨ててレギュラー選手を早々と引っ込めて控え選手達を早い回から起用していました。そんな中、故障を抱えている井端に代わり途中出場した久慈さんにも打席が巡ってきました。そしてなんとホームラン。…えっ、ホームラン!? 阪神時代も含め、過去10年間で5本しか打っていない久慈さんがホームラン! 嬉しい~。勿論、中日移籍後5年目で初ホームランです。
 この日は他にも内野安打1本で計2安打。試合の方はゴメス、井上、神野、そして久慈さんの計4本のホームランがありながらも序盤の大量失点が響き敗北。しかし、それ以上に久慈さんの打撃での活躍が嬉しかった試合でした。
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-07 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

野球観戦こもごも

 職場でも知り合いの間でも僕は熱狂的なドラゴンズファンだと思われています。
 自分としては確かにドラファンだけどちょっとミーハー入ってるのとデータを見たり比較したりするのが好きなものですから、他の人が気にしないような細かいことにうるさい奴だと思うんですが、そういう意味ではまあ偏狭的なファンと思われているのかもしれませんね(笑)。

 それでまあ毎年よくドームにも行くわけですが、その試合が負け試合だったりすると翌日は対応が大変。職場や飲み会の席などでもドラファン・非ドラファン問わず色々な人達から嫌味や冷やかしを言われるわけです。勝った時に「昨日の試合良かったねー」と言ってくれる人もいるけど、そういう人というのは概して負けた時は何も言ってこない。負け試合を観に行った僕を気を遣ってくれているんでしょう。良い人だ(笑)。反対に、勝った時は何も言わないくせに負けた時だけここぞとばかりに人を馬鹿にしたようなことを言ってくる人達もいる。中日を馬鹿にしたいのか、俺を馬鹿にしたいのか。両方だったりして(笑)。自分としては大人らしく笑って済ませることが出来るようになりたいですが、まだ人間が出来てないので無理なのです。
[PR]
by Izanagi32 | 2002-04-03 00:00 | 中日ドラゴンズ関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite