久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2003年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

星野監督ナゴヤドームで胴上げならず……

 昨日に続いてマジック2でのナゴヤドームです。

 本日は、神宮でナイターのヤクルトと、広島でデーゲームの広島が共に負けて、なおかつ15時という中途半端な時間からプレーボールのこの中日×阪神戦で阪神が勝って、そこでようやく阪神の優勝が決まる、ということで、球場ごとの時間差もあるし、優勝は3試合すべての結果待ちという、非常に優勝の確率の低い状況のため、昨日に比べたら割とドーム周辺も落ち着いていました。
 
 と言っても勿論チケットは完売で、中に入ればやはり阪神ファンが大勢を占め、熱気はものすごいです。今日は前日に引き続きMiffyとドラファンのモンテコックリ君、K君と4人で観戦。僕らは昨日に続き身も心も阪神ファンと化しており、そんな僕らを見て「魂を売りやがって!」と罵るモンテコックリ君達とは、完全に袂を分かっての観戦となりました(笑)。

 僕も「まあ今日は優勝もないだろうし、中日の先発は好きな平松だし、昨日は出なかった久慈さんが出てくれればいいかな」と、何が何でも勝利を!と言うより純粋に試合を楽しもうといった趣です。

 試合は昨日に続いて阪神ファンの猛烈な熱気の中、平松が素晴らしい投球を披露。途中、藤本の打球を足に受け交代してしまいますが、大量援護にも助けられ中日が楽勝ペースで試合を進めて行きます。阪神は「どうせなら甲子園のがいいもんね」という感じなのか、やる気すら感じられません。

 阪神の最後の攻撃も2死となり、「ああ、久慈さん今日も観れなかった…」と落胆していると、アリアスが四球で出塁。そこで、んっ、背番号32番が出てきた……。く、久慈さんだ~!
d0047363_2281925.jpg

 いやいや…ほんと最後の最後で今年初めて久慈さんのナマの姿を観る事が出来ました。めっちゃ嬉しいです。はっきり言ってもう中日の勝ちは決まってどうでもいい場面での代走ですが、自分の中では久慈さんが観れたことに意義があります。今年最後の観戦を、久慈さんで締めくくれてほんと良かったです。
d0047363_22155650.jpg

[PR]
by Izanagi32 | 2003-09-14 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

阪神マジック2! ナゴヤ決戦!

d0047363_21581490.jpg
 いやー、とうとう来ましたなぁ、阪神マジック2。本当なら昨日からのナゴヤドームでの中日戦の前の神宮で決まると言われていましたが、阪神がまさかの連敗でここまで来ました。

 星野監督が中日時代一度も胴上げをしたことがないこのナゴヤドームで宙を舞うかも…。これだけで、中日ファンにとっても大きな衝撃です。

 今日と明日のチケットは勿論完売。幸運にも発売日に手に入れることが出来た自分は、今年買ったタテジマのKUJIユニに初めて袖を通し、真新しいトラのメガホンやウチワ、リストバンドなどで武装(?)し、ナゴヤドームへやって来ました。

  この日はMiffyと観戦に来たのですが、いつもは荒木ユニを着ている中日ファンの彼女も、もともと星野監督のファンだったこともあってか、タテジマの77番のユニを着用(笑)。自分も、この優勝の瞬間だけは、心から久慈さんを応援したい、六甲おろしもろくに歌えないにわかファンと思われようと、タテジマを着て、この時だけは中日ファンである自分を殺して阪神ファンになろう…。前々からそう決めていましたので、子供の頃からずっと応援して来たドラゴンズを裏切ることに、迷いはありません。

 今日と明日のナゴヤドームの試合はデーゲームのため、この試合に勝って即優勝ということはありませんが、やはり優勝目前ということもあって、ドームは三塁側だけでなく一塁側、ライト側にも阪神ファンの長蛇の列。いや、っていうか凄すぎだろ、この数は…。
 ドームの内外にもテレビカメラがたくさん入っていて、警備員と警察も増員して臨んだこの阪神戦。中に入ってさらにびっくりしたのが、客席の9割が阪神ファンと化していたこと。中日ファンはライト応援団周辺と、あとは一塁側にぽつぽつといる程度で、一塁側、ライト側5階席もほとんど阪神ファン。…こんな光景見たことないです!
d0047363_21562296.jpg

 僕らとは別で来ていた中日ファンの職場の先輩のSさんも、いつもの大西ユニではなく阪神の星野監督Tシャツを着ていました(笑)。 みんな生粋の中日ファンですから、単純に「強いから阪神に乗り換えた」とか「中日に魅力がなくなってきている」とかそんなんではなく、僕の場合は久慈さん、MiffyやSさんの場合は星野監督と、生粋の中日ファンからしてもやはり他人のような気がしない感じが今の阪神にはあるのかもしれません。島野さん、矢野さんもいるし…。こんなに抵抗なくタテジマを着て阪神を応援出来るなんて自分でも不思議です。

 試合は序盤からご覧のような乱打戦のシーソーゲームで、プレイボールから3時間が経過してもまだ6回までしか進んでいないという展開。
d0047363_21583047.jpg

 結局阪神は負けてしまって、今日の優勝はなくなったけど、それでもこんな異様な雰囲気の中での観戦は非常に面白く、うろ覚えの阪神の応援歌や六甲おろしを歌いながら本気でアンチ中日と化して阪神を応援してました(笑)。

 あと気づいたことと言えば、阪神ファンのフレンドリーさ。一部粗暴な連中のせいで悪く言われることの多い阪神ファンですが、内野席だったこともあってか、タチの悪いファンはあまりおらず(それでも「××(中日選手)死ね~!」とか品性の欠片もない低レベルな野次を飛ばすヤツもいたけど)、知らない人同士でも親しくなって共にビールを飲み交わし、点が入れば共に喜びを分かち合い、試合後は「おつかれ!」と声を掛け合ったりするのにはこっちも嬉しくなったし、客席でプラカードを持ったり立って応援するマナーの悪い人には周りが注意し合って、言われた方も「すみません」と謝ってその後は普通に観戦して…と、「中日ファン以上に全然いい雰囲気じゃん」という感じで、非常に気分よく観戦出来ました。

 優勝は明日以降に持ち越されましたが、明日もタテジマで阪神を応援します。

 明日は久慈さん観れるといいなぁ…。
[PR]
by Izanagi32 | 2003-09-13 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

山田監督解任

 阪神が優勝街道をまっしぐらにひた走る中、昨日、衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。

 “中日・山田監督解任”の報です。

 一夜明けて色々なニュースを見て回りましたが、とりあえず一番事実を客観的に伝えているように思える記事を引用します。

<プロ野球>無念の「電撃解任」 中日・山田監督(毎日新聞)
 プロ野球の中日は9日、3年契約の2年目となる山田久志監督(55)の休養を発表した。チーム成績不振の責任を問われた事実上の解任といえる。遠征先の広島市内の宿舎で、西川順之助球団社長と記者会見した山田監督は「なぜという気持ちはあるが、従わざるを得ない」と悔しさをにじませた。同日夜の広島24回戦から佐々木恭介ヘッドコーチが指揮を執った。後任監督にOBで元監督の高木守道氏らの名前が挙がっている。

 01年オフの星野監督退団に伴い、ヘッド兼投手コーチから昇格した山田監督。初さい配を振るった昨季は3位と健闘。今年7月、白井文吾オーナーが来季続投を明言したが、5連敗を脱した9日現在60勝61敗の5位と低迷。観客動員数も伸び悩んでいる。

 Aクラス確保の可能性がある中、"電撃解任"の理由は成績不振がすべてではないのも事実。星野前監督が「オレよりも気が短い」と評したように、山田監督は活躍した選手を称賛する一方、期待を裏切ると容赦なく糾弾した。選手との確執も生まれ、生え抜きで本塁打王にも輝いた山崎武司が昨年オフ、オリックスにトレードされた。ある主力選手は「まるで恐怖政治」と打ち明けた。

 優勝目前の星野阪神の快進撃も逆風となった。元指揮官が輝くほど、"外様"である山田監督へファンからの非難が強まった。球場でのヤジだけでなく、親会社に届く批判の投書はエスカレート。来季のチーム運営を見据えると、球団側はもう擁護できないと判断した。
 現役時代に歴代7位の284勝を挙げ、オリックスのコーチ時代は日本一も経験し、中日に迎えられた男が、プロの世界で初めて悲哀を味わい、ユニホームを脱ぐ。【張智彦】


 …何もこんな時期に…というのが正直な気持ちです。山田監督の采配は、確かに各方面で批判されていました。山本昌、野口、落合ら、主力投手陣との確執もあったと言われます。また、ドラゴンズOBのコーチ達との対立、感情人事など、悪い噂は今までも色々と出ていました。阪神独走の今、それ以外の4球団がダンゴ状態になっている現状を見ても、今の5位という順位は日替わりのものでしかなく、決して解任されるような理由にはならないはずです。となると、やはり選手やコーチとの対立が問題とみるしかなさそうです。

 中村武、山﨑、バンチ、ゴメス、ギャラード……数々の主力選手をチームから追い出してしまった山田監督自身が、今度はチームを追われる…。

 何とも遣り切れない事態です…。こんなことを繰り返している中日ドラゴンズに、未来はあるのでしょうか…。
[PR]
by Izanagi32 | 2003-09-10 00:00 | 中日ドラゴンズ関連 | Comments(0)

サイレンス爆発

 20年以上の付き合いだったにも関わらず、前回初めて一緒に観戦に行き、サイレンス君のそのドラキチぶりに感銘を受けた自分は、是非また彼と一緒に観戦に行きたいと思っていました。

 今回、急に時間が出来たのでドームの対ヤクルト戦に行こうと思ったのですが、サイレンス君は前回「また次行く時も是非誘ってくれ。仕事休んででも行くから」と言っていた通り、この急な名古屋行きを快諾。デーゲームのため、昼前に出発し、外野自由席の当日券を買って試合を観戦してきました。

 今日は外野で観戦ということもあってかサイレンス君は前回以上に熱烈に応援していたものの、試合の方は打線に全くいいところなしで敗北。ゲームセットの瞬間、ふがいない試合にフラストレーション溜まりまくりだったサイレンス君は怒りが爆発。メガホンでイスなどを叩きまくり、山田監督や選手達に罵声を飛ばす…。近くにいた子供達も怖がって遠巻きに見ていましたよ、ええ。彼の気持ちも分かります。確かにここ最近のドラゴンズはヘボい。先が見えない。彼の怒りはごもっともですよ。

 もう9月。ナゴヤドームの公式戦も残り少なく、今季のサイレンス君との観戦はこれで終わり。彼との観戦成績は2戦2敗で残念ながら勝ち試合は観れませんでしたが、来年は一緒に勝利を分かち合いたいです。
d0047363_2055317.jpg

[PR]
by Izanagi32 | 2003-09-06 00:00 | 中日ドラゴンズ関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite