久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2004年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドラゴンズ来季への不安

 監督就任時に落合監督が言った通り、「来年は容赦しない」がまさに現実のものとなった今オフ。関川、紀藤、酒井、正津、山北、筒井…皆さん新転地で頑張って下さい。心から応援してます。

 しかし森コーチ、秋季キャンプで名古屋残留組に対し「全員トレード要員」と通告したりするのはどういう神経なんでしょうか。トレード要員になって結局残った野口、平松、遠藤らは、気持ちの切り替えが出来るのか心配です。

 このオフの一連の件では他の選手からも不満の声が挙がってますし、今季一枚岩を誇ったドラゴンズが来季どうなるのか不安です。

 しかし一番かわいそうだったのは筒井ですね。いくらなんでも各球団とも編成がほとんど終わったあんな時期に戦力外通告するのは酷すぎです。「いろいろな事情やいきさつがあるにしろ、クビにする選手への通告は1日でも早く、できるならシーズン終了間際にも内々で伝えていってやるのが使う側の、球団や監督の大切な仕事で、いい換えればそれがまた長年在籍させてきた選手たちへの「情」でもあると思っている。(中略)どんなジャンルの世界であれ、人事というか人の扱いに関しては決して「薄情であっても無情であってはいけない」と思っている」という星野さんの言葉は、筒井が自分の甥であることを抜きにしてもまさに正論。

 12月22日放送のラジオで筒井がゲストで出ていたんですが、筒井が落合監督に「何故この時期に戦力外なんですか」と聞いたら、「ごめん、トライアウトの日にち間違えちゃった」と言われたと言ってました。筒井は怒りを抑えてましたが、言葉からにじみ出る悔しさは十分伝わってきました。
 落合監督は天才だと思います。でも、相手の心理や手の内は読めても、人の気持ちは読めないんでしょうか。
 
 筒井、野口。来季は落合監督や森コーチを見返すような活躍を期待してます。

 ドラゴンズについては色々言いたいことがありますが、優勝の時は「落合監督ありがとう!」と心から思ったものですが、ぶっちゃけ、今はドラゴンズは好きでも落合監督は嫌いです。野口の件に関して言えば、ここ数年低迷している野口に対するショック療法という見方も出来なくは無いですが、それにしても野口に対する扱いは、何やら陰湿ないじめのような気味の悪さを感じます。

 秋季キャンプで名古屋に残ったメンバーに「おまえらは全員トレード要員」と言い放った森コーチの人格も疑ってしまいます。そもそも去年までやってた横浜の投手コーチ時代は全く実績を残せなかった人なのに、何でこの人がコーチで、しかもこんな偉そうな顔するの?

 森コーチの件ではベテラン井上らからも不満の声が球団の方に挙がったようですが、落合監督と森コーチはかなり強い信頼関係で結ばれているようなので、この恐怖政治はしばらく続くんじゃないでしょうか。

 今年、一枚岩を誇り圧倒的な強さを見せつけた新生落合ドラゴンズ。来年は不安要素が多すぎて大いに心配です。
[PR]
by Izanagi32 | 2004-12-26 00:00 | 中日ドラゴンズ関連 | Comments(0)

中日野口 チャリティトークショー

d0047363_21344298.jpg

 地元豊橋市のデパートで、中日の野口のチャリティトークショーがありました。このトークショーの話自体、1週間くらい前に人づてに聞いたもので、ドラゴンズのオフィシャルサイトの選手参加のイベント情報にも載っていないし、ネットでこのイベントに関する情報を検索してみても
見つからないしで、その後何とかそのデパートのチラシを入手して日時等の確認は出来たものの、それがなければ危うく見逃すところでした。

 とにかく、僕の周りの地元の友人もみんな知らないと言っていたイベントなので、正直お客さんが集まるかどうか…と不安でしたが、ドラゴンズの帽子をかぶった子供達やコアなファンも結構集まり、老若男女それなりの人が集まっていたので安心でした(野口本人も「全然集まらないんじゃないかと思ってたんで、こんなに集まってくれてよかったです」と言ってました)。

 このイベントにつきましては、野口ファンサイトの「野口茂樹投手公式戦登板試合記録所」さんのところで詳しく書いていますのでそちらをご覧下さい。

 さて、このイベントに来た一番の目的というのは、このオフ、色々暗いニュースばかりで気持ちの晴れることなどなかったであろう野口の元気な姿を見ることにありました。そういう意味では、終始笑顔で饒舌に喋ってくれた野口の姿に一安心。そしてファンの前で前向きに来季への誓いをしてくれたのをとても心強く思いました。

 さて、チャリティということで先着の500人の中から抽選で選ばれた100名だけがサイン色紙を500円で買えるということでしたが、自分と嫁は運良く2人とも当たりました。色紙は手渡しだったので、その時に持参した野口ユニに「サインしてもらえますか?」と聞いたら「いいですよ」と快諾してくれてサインをしてくれました。本当は「来年この背番号で復活して下さい!」と言いたかったけど、野口を前にして自分は緊張して「ありがとうございました」しか言えず…(笑)。隣の嫁が、「来年ドームでこれ着て応援するんで頑張ってください!」って言ってくれたので助かりましたけど(笑)。
d0047363_2135062.jpg

 もともと同い年ということで応援してた野口ですが、こういう接する機会があってその印象がいいと、余計応援したくなっちゃいますね。

 野口には是非来年活躍してもらって、落合監督・森コーチを見返してFAで他球団に移籍してもらいたい……いやいや、竜の左のエースとしてまた復活してもらいたいなと思います。
d0047363_21351329.jpg

[PR]
by Izanagi32 | 2004-12-26 00:00 | 野口茂樹関連 | Comments(0)

祝! 野口残留!

 今年のペナントでは、不振から落合監督や森コーチに戦力構想外にされ、日本シリーズ後には早々とトレード要員と報道されるなどした野口。残留が決まった後になって落合監督は「野口はトレード要員ではなかった」と言いましたが、チームの編成担当も「全員がトレード要員」と公言していましたし、森コーチも「野口はトレードのいい玉だった。成立しなかったのは相手が野口以上の選手を出してこなかったから」と発言し、更には複数のスポーツ紙が全て「野口はトレード要員」だとして報道していたんですから、これは事実として間違いないと思います。野口もいつどこにトレードになるか分からないという不安から選手会の副会長を辞任したりと、相当悩んでいたようでかわいそうでした。

 仮にも、かつて中日のエースとしてMVPを獲った投手ですよ。星野監督の最終年、川上や昌がダメだった時も野口一人が孤軍奮闘していた姿が思い出されます。そんな投手を、今年1年
ダメだったからと言ってこんな扱いにするのはどうかと思います。

 しかし、幸か不幸か、12月7日、野口が無事に契約更改を終え、来季もドラゴンズのユニフォームを着ることになりました。当初は下限限度額の25%ダウンを提示されたようですが、「それでは今年1年何もしなかったことになってしまう」と、開幕からローテに入り4勝したこと挙げて粘ったようです。結果、20%ダウンの1億80万円。本人にとっても1億というのは譲れない線だったようです。

 ともかく、良かった。野口の寡黙ながらも野球に対する真面目な取り組み方が好きですし、同い年ということもあって、昔から特別に応援していた選手でしたから、ドラゴンズの一時代を支えた関川、正津らが次々と放出されて行く寂しい今オフにあって、今回の野口残留はとても嬉しい出来事でした。

 一部スポーツ紙には背番号剥奪という話も出ていて、それが本当ならどこまで野口をバカにしたら気が済むんだ落合!と怒りが沸いて来ますが、野口、頑張れ! 来年実力で見返してやれ!
d0047363_1932651.jpg

[PR]
by Izanagi32 | 2004-12-09 00:00 | 野口茂樹関連 | Comments(0)

久慈さん契約更改

 今季大幅に出番が減り、一部スポーツ紙では引退も報じられた久慈さんですが、無事契約更改を終えられました。

 結果は7%ダウンの2,700万円でした。

 今季は出場機会が少なかった上に、全ての面で成績が下回りましたから、この程度のダウンで済んでホッとしています。一軍ベンチにずっといたことも多少評価されているのでしょうか。

■久慈さん2004年成績■
試合数:31
打席数:26
安打数:2
二塁打:0
三塁打:0
本塁打:0
打率:.118
打点:0
盗塁:1
四球:5
三振:6
犠打:4
得点:4
失策:1
得点圏打率:.000
出塁率:.318
長打率:.118
[PR]
by Izanagi32 | 2004-12-03 00:00 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite