久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

久慈照嘉・一軍昇格!

 ブラボー!!! 何の前触れもなく今日から久慈さん一軍昇格ですっ!!!

 いやー、生きてて久しぶりにドキッとしたというか、一瞬時間が止まったっていうか。今日の夕方頃、出先で携帯でいつものように一・二軍の選手入れ替えの公示を見ると、今日付けのその欄の一番上に、「登録・阪神 久慈照嘉」とあって、ほんとそういう状態になったんですよ。うおおおおおおおおおって感じでした(笑)。

 もう、なんと言ったらいいか分かりません。言葉にならないというか。その公示を見てから5時間ほど経ちますが、今だ気持ちが高ぶっているため帰宅してこうしてパソコンの画面に向かっていてもとりあえず何から書き出そうか頭の中が整理出来てないんですよ。文章がまとまらないんです。恐らく全国の久慈ファンの皆様も今夜は興奮で寝付けないのではないでしょうか。

 自分はとりあえず気持ちを落ち着けるためにトップページの左側のタイトル画像を変えてみました(笑)。

 ふー。
 
 ええと……。まあ、久慈さん3ヶ月ぶりの一軍昇格に対する喜びと同時に、何と言うか、ちょっと冷静に見ている自分もいて。それというのも、自分は9月半ばか終わり頃には久慈さんが一軍に昇格するであろうと予想していました。そう思っていた方は他にもいらっしゃるようですが、その理由は敢えてここでは書きません。何故なら、8月終わりという、思っていたよりも早い時期に昇格が決まったことで、その悪い予想が外れることもあり得るわけですから。

 ともかく。

 久慈さんの一軍昇格は非常に喜ばしいことであり、はっきり言ってここ最近はずっと中日びいきになっていた自分もこの久慈さんの一軍昇格でコロっと阪神寄りになりそうな勢いです(笑)。

 残り30試合を切った中、1試合1試合、落とせないゲームが続いてきます。今日の試合も今岡のエラーから逆転されてしまいました。今の阪神のネックは内野の守備力であることは間違いありません。そんな中、今までもずっと何度も繰り返しここで書いてきたように、久慈さんの1点を守りきる守備力と絶対ランナーを送りたい場面でピンチバントを決められる久慈さんの力というのは必要になってくるはずです。

 鳥谷の守備を観ていても、決して久慈さんより上手いとは思いませんが、走攻守トータルで見たら、鳥谷はもう立派なショートのレギュラーとして一人立ちを果たしたと思います。その状況下で、岡田監督が久慈さんをどう使うのかという不安はありますが、久慈さんはファームではサードも守っていましたしセカンドも出来ます。久慈さんのショートに対するこだわりも好きですが、今はとにかくバントでも代走でも何でもいいから今後につなげるため試合に出て欲しい。それが自分の本音です。

 私事ですが、9月に待望の第一子が生まれます。

 先日、嫁と買い物に出かけていて、タイガースのタテジマ柄の新生児用の服が売っていました(中日のはありませんでした…笑)。早速この服とアイロン圧着式の黒いフエルト地を購入し、嫁にお願いしてフエルトをカットしてもらい、このタテジマに圧着してもらいました。入れてもらった文字は、勿論自分とお揃いの「KUJI 32」でした。
d0047363_23434625.jpg

 無事子供が生まれて、残りのペナントレース(もしくは日本シリーズ)、一緒に久慈ユニを着てテレビ観戦でも出来たら、久慈ファンとしてこれ以上ない幸せだと思ってます。まあ、勿論子供にはユニを着ている、テレビを見ているという意識はないわけですが…。バカな親のエゴですね。

 久慈さん、是非来年につながる活躍を期待しています。頑張って下さい。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-31 23:52 | 久慈照嘉関連 | Comments(7)

一昨日のファーム観戦こぼれ話…赤松真人

 楽しみにしていた甲子園の中日×阪神戦は降雨のため中止…(涙)。

 この試合の振替試合がどこに入るか分かりませんが、またあの伝説の10.8の時のように、勝った方が優勝の最終戦直接対決…なんてことになったら面白いですね。

 …とか思っていたら、この日の振替は早々と9月21日に決まったようです(苦笑)。

 さて、ネタもないのでまた先日のファーム観戦のこぼれ話を。今日は阪神です。

 阪神の公式板などでよく名前を目にするルーキー・赤松。ポジションが外野で、名前に“赤”が付くこと、背番号が“52”であることなどから赤星(53番)と色々な意味で比される赤松ですが、偉大な先輩との比較に負けることなく、ファームでは昨日現在69試合に出場して打率.363、HR6、打点31、盗塁28という素晴らしい成績を残しています。

 下でこれだけの成績を残していながら今まで一度も一軍昇格がないというのは不思議ですが、今の阪神は内野も外野も落とせる人がいませんからルーキーを上げる余地がないのかもしれません。ともかく、赤松が将来有望な逸材であることには間違いありません。

 この赤松、日曜日のファームの中日戦にも来ていたのですが、スタメンではなかったためイニングの合間などにレフトの選手のキャッチボールの相手を務めていたので、外野寄りの三塁側にいた自分からはよく見えました。22歳と若いだけあって動きもハキハキしていて好感が持てました(中日で同じようにハキハキしていて好感を持ったのは都築。何気に入団時から応援している人です。あ、背番号も同じ52番だ…)。

 しかし、やはり名前と背番号が赤星に似ているだけあって頭の悪い客から「おーい、赤星~。あ、間違えた、赤松だった」と面白くも何ともない野次が何度も飛び、聞いている方も辟易。しかしそんな声など相手にすることなく自分の仕事をハキハキとこなしていた赤松には更に好印象。この日の試合にも途中出場したものの、残念ながらそのプレーを見る機会はなかったのですが、成績を見る限りまさに走攻守揃った逸材。数年後には赤星を脅かす存在になっているかもしれませんね。
d0047363_041559.jpg


にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-31 00:45 | 阪神タイガース関連 | Comments(3)

昨日のファーム観戦こぼれ話…柳沢裕一

 今日は試合もなかったので、昨日のファーム観戦の時のこぼれ話を書きたいと思います。

 自身が所有している柳沢ユニに本人のサインを入れてもらおうと、豊橋市民球場で柳沢を入り待ちしたSさん。若手はバスで全体行動ですが、ある程度のベテランになるとたいていマイカー通勤なので、柳沢クラスになれば単独で来ると読み、柳沢の乗っている車も調べておいたSさんは無事柳沢を発見。以下、サインをもらった時の模様を、Sさんからのメールを転載してお伝えします。

自分「柳沢さん、サインして下さい」
柳沢「こんなの(柳沢ユニ)買ったんですか?勿体無い」
自分「いやいや全然ですよ。去年の巨人戦でのヒーローインタビュー見て大感動してファンになりました。」
柳沢「・・・・・・(苦笑い?)」 ってな感じでした。

 で、その後写真も撮ってもらい球場の中に入ったので満足して余韻に浸っていたらまた柳沢が大きな財布をもって出てきたので「うぉぉ!何だろう?」って見ていたら外の屋台で焼きそば買ってました(笑)。焼きそばを買う柳沢を撮りたかったのですがすっかり油断していたのでカメラ出すの間に合いませんでした。その後、僕も同じとこでやきそば買って同じ味を堪能しました(笑)。結構ウマかったですよ。

 それにしても柳沢が6月にマルティネスのせいで登録抹消された日にユニのボタンが取れたり、初めて着るサイン入りユニになったりで愛着度120%ユニになりました。ホント早く『スーパーサブス』に戻ってもらいたいです。

d0047363_118586.jpg

d0047363_1205596.jpg

 柳沢の「こんなの買ったんですか? 勿体無い…」ってコメントが笑えますね(笑)。確かに、あの昨年7月21日の巨人戦での涙のお立ち台は感動しましたよね(自分はその試合をたまたま観に行っていたのでこのブログの同日付の記事にこの時の詳細があります)。あれで一気に柳沢の認知度が高まって、柳沢に対する声援も大きくなったような気もしますもんね。
d0047363_1241166.jpg

 ちなみに↑はその泣いちゃった時の柳沢です(^^)

 現在は若手の前田と入れ替えで二軍に降格している柳沢ですが、やはり谷繁に何かあった時も安心してリードを任せられる「正控え捕手」として柳沢ほど経験のある人はいないわけですから、また早く一軍に昇格してもらいたいものです。「正捕手に何かあった時にいつでもいける控え捕手」というのは地味なようで大切なポジションです。阪神も星野監督1年目に矢野が怪我で試合に出れなくなった途端にペナントレースから転落してしまいました。そして翌年日ハムから経験豊富なベテラン捕手・野口をトレードで獲得し、金本、下柳といったメジャー選手ではなく「野口が一番の補強だった」と語ったのを覚えている方もいらっしゃると思います。

 今年、キ●タマにボールが当たり途中退場してしまった古田のように、一番過酷なポジションである正捕手は、試合中いつ何が起こるか分からないわけですから、今の中日の捕手2人体制だと控えの柳沢は代打で出ることも叶わず、ずっとベンチで試合を見守っています。しかし、控え捕手の大切さを知っている落合監督の落合査定ではそういう面も含めて評価され、昨年オフの契約更改では38試合の出場ながらほぼ倍増の4000万円にまで年俸が上がりました。川相、英智、渡邉、高橋光らも同様に評価されました。落合査定の対象になる選手こそ、「スーパーサブ」の証明なのかもしれません。

 Sさんのメールの続きです。

 柳沢のピンショットを撮ろうとした嫁が、いざ撮る時に怖気ついでしまい後ろ姿しか撮れなかった写真があるのですが、これも偶然なのか後ろで腹出して笑っているオッサンは別としてなんとなく本人の背中からも哀愁が漂っているように見えてしまうのは僕だけでしょうか・・・
d0047363_1432226.jpg

 なるほど…確かに腹を出しているおっさんが写ってる……じゃなくて(笑)、確かに柳沢の背中もちょっと寂しそうですね。開幕からずっと今まで一軍で優勝争いの中にいたのに、ここへ来て急にファームに落とされて。この日の試合でも柳沢はスタメンマスクを被ってましたが、ベテラン柳沢と若い投手陣と組ませて彼らに経験を積ませるという算段があるのかもしれませんし、若い前田を一軍に挙げて将来の布石として勉強をさせているという可能性もないとは言えませんが…。う~ん。

 まあでも、この間のマルティネスに指示を徹底出来なかった懲罰としての二軍落ちの時のように、またすぐ一軍に上がってくるのではないかと自分は推測しています。柳沢抜きでは谷繁に何かあった時不安だし、スーパーサブスも寂しいですからね。

 34歳のベテラン。趣味、入浴剤集め。マイペースなB型。

 応援してますよ、シンゴ!

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-30 01:09 | スーパーサブ関連 | Comments(2)

哀愁のスーパーサブ・二軍編

d0047363_24969.jpg
 昨晩(28日)は、久しぶりに野球観戦に行って参りました。勿論中日の応援ですよ……と言っても、ファームの試合ですが(笑)。

 昨日(28日)は日曜日でしたが、自分は仕事でした。仕事柄、定時の17時で帰れるか残業(最長21時まで)になるかは当日その時にならないと分からないのですが、この日は珍しく早い段階で「定時でいい」と言われていたので、地元豊橋市で今夜18時から行われるファームの中日×阪神戦を観に行こうかな~と思っていました。球場の豊橋市民球場は割とウチから近いので、仕事が終わって帰宅してシャワー浴びて着替えてから行けば、プレーボールには間に合わなくても2回くらいには着くかな…と思っていたのです。

 ところが、定時間際になって急遽残業を頼まれ(笑)、行けるかどうか微妙だったものの、残業も思ったより早く終わったため急いで帰宅して支度をして出発。道中ドライブスルーで簡単に夕食を済ませ、当日券(800円)を買って入場。試合は4回表の阪神の攻撃中で、中日は川岸(3番手)が投げていて3対0で負けていました。内野席はかなり埋まっていて、特にバックネット裏からベンチ上のあたりにかけてはほぼ満席と盛況です。

 ともかく疲れたので空いていた外野寄りの席に座り一息。ふー…。自分も当日直前になって行くことを決めたので、「今日行くかも」と言っていた友人に連絡をしてみますが連絡つかず(そいつも仕事で残業になってしまったらしいです)。同じく今日来ると言っていた観戦仲間のSさんに連絡してみると、バックネット裏5列目で柳沢を真後ろから観ながら観戦中とのこと。柳沢ユニを持っているSさんは、早めに球場に来て入り待ちをして、見事本人から柳沢ユニにサインを入れてもらい、ツーショット写真も撮ってもらったとのこと。昨日のアレックスのサインボールと言い、幸運続きですね!

 Sさんと合流したかったものの、友人も来るかもしれないのでとりあえずしばらくは1人でボーっと観戦。話す相手もいないので寂しいです。おっ、阪神は壮ちゃん(筒井/元中日)がサードで5番に入っています。移籍1年目の今季は一度も一軍昇格がないままですが、相変わらずグラウンドでは元気に大きな声を出してムードメーカー的役割を担っていました。元気そうで何よりです。打てませんでしたが…(笑)。
d0047363_131248.jpg

 遠征にはベテランは帯同しないので、当然久慈さんは来ていませんでした。それは事前に分かっていたのですが、やっぱりどこかで期待してしまっていた自分もいて、タテジマの久慈ユニを持ってきていました。今年は久慈さんがいる試合で一度もこれを着れなかったなぁ……。

 試合の方は中日劣勢のまま進んで行き、男前・平松も4番手で登場しましたが、いきなりホームランを打たれるなどイマイチの内容。今季一度も一軍で投げることなく、8月の終わりのこの時期にこんなところ(失礼ですがあえて)で投げているのは本人も不本意でしょう。マウンドの上でグラブの先端で顔の汗を軽く拭う平松のいつもの仕草を見ていて、何とも言えない郷愁に襲われました。

 結局友人とは連絡つかないままだったので8回くらいにSさんと合流。サインを入れてもらった柳沢ユニと昨日キャッチしたアレックスのサインボールを見せてもらい、そこでしばし野球談義。試合は勝てそうなムードではなかったので話に熱中しているうちに中日は最後の打者の攻撃が終わって4対1(だったかな?)で完敗。スタメン1番の沢井君が3安打と走塁でいいところを見せた以外はいいとこナシの、しょーもないつまらない試合でした。

 しかし、自分にとってはこれからが本番です。

 今日観戦に行くことに決めた時、Sさんに、「自分もタテジマの久慈ユニを持って行くんで、Sさんの柳沢ユニと一緒に“哀愁のスーパーサブ・二軍編”という感じのテーマで写真を撮りましょう!」と提案していたのですが、Sさんも「是非撮ろう!」と賛同してくれたので、ゲームセットの後、照明も落ち、自分達しかいなくなった客席で2人してユニに着替え、定番の写真撮影を敢行(笑)。

 自分の中ではもう「こういうのが撮りたい!」という構想があったのですが、人が思ったより早く掃けてくれたので思う通りの写真を撮ることが出来ました。
 これです。↓
d0047363_1495265.jpg

 いやー、どうですかね? 自分的にはかなりいい哀愁が漂っている写真になったと思うのですが…。特に客席に誰もおらずグラウンド整備が始まっているところなんか哀愁漂いまくりだと思うのですが。プレビューを見た瞬間、2人で「いい写真が撮れた!」「今年一番の出来じゃない?」「球場ってやっぱりいいよね」と、試合以上の興奮でした(笑)。他にも何パターンか撮ったのですが、照明がちょっと落ちた時に撮ったこの写真が一番のお気に入りです。「この写真を撮るために、つまらない負け試合を2時間も観たんだ」という感じでした(爆)。

 実はここ数日寝つきが悪く、毎晩3、4時間程度しか寝ていなかったので、22時頃に帰宅した後、疲れからかそのまま居間で数時間爆睡してしまいました。そして夜中に目が覚めて、今これを書いています。

 今も疲れが残っていてまた眠くなってきました。しかし、今日の写真撮影では思った通りの写真が撮れたので、心地よい疲れです。おやすみなさい…zzz

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-29 02:05 | スーパーサブ関連 | Comments(8)

今日のスーパーサブ達/アレックスのサインボール

 本日二度目の更新です。

 今日の試合は劇的な大逆転勝利でしたが、、スーパーサブ関連では、今日も勝ち越しのチャンスで高橋光信が代打で出たものの外野フライに倒れました。ああ、二夜連続でヒーローになるチャンスを逃した…。勿体ない。

 英智、川相も守備で途中出場。8回、英智に打順は回ってきましたが凡退し、続く川相には打順は回りませんでした。また部長の昨日みたいなヒットが観たかったな~(笑)。

 また今日は我らがスーパーサブスのSさんとパトリシアさんが観戦に行っていたのですが、試合が開始してすぐSさんからメールが入り、見てみるとアレックスのサインボールを持った満面の笑みのSさんの画像が(笑)! なんでも、今日は5階席で見ていたらしいのですが、試合前に選手が客席にサインボールを投げ入れるファンサービスの時、アレックスが投げたボールを運良くキャッチしたらしいのです。すげぇ…。いいなぁ(笑)。
d0047363_22402848.jpg

 ドームに行ったことのある方ならご存知とは思いますが、福留とアレックスだけは毎回必ず5階席にもボールを投げ入れてくれるんですよね。それ以外の選手はだいたい軽く投げて届く程度の2、3階席にしか投げ入れてくれないので、安い5階席で観る事の多い自分達にとっては福留とアレックスの2人は「ファンサービスのいい人」として評価が高いのです(笑)。

 自分も以前5階で観ていて、すぐ隣のおっちゃんのところにアレックスの投げたボールが飛び込んだことがあり、そのおっちゃんも最初はワケが分からず呆然としていましたが、しばらくしてボールを手に1人でエキサイトしていました(笑)。選手が直に投げ入れたボールを自分がキャッチ出来たらやっぱり嬉しいですよね~。自分もいつか取ってみたいなぁ~。

 この日、Sさんは渡邉ユニ、パトリシアさんは大西ユニで観戦していた(はずな)のですが、8回には大西が代打でヒットを打つと、渡邉も代打で出場して大西を還すタイムリーヒット。自分着てるユニの選手が打つと嬉しいものですよね。しかも2人とも打つとは…。アレックスのサインボールといい、いい観戦日になりましたねぇ~。

 この日は阪神も勝ってゲーム差は1.5と変わらず。中日も調子のいい頃の戦いが出来るようになってきたし、このデッドヒート、ますます面白くなってきました。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-27 22:42 | スーパーサブ関連 | Comments(7)

野口、やっぱりダメだなぁ~…でも竜逆転勝利

 今日はのぐちんが先発。やはり川上は阪神戦に回すのでしょうか? それとも明日…? 

 まあ落合監督の頭の中は凡人の自分には分からないのでそれはそれで置いておくとして、とにかく今はもう目先の勝利のことのみ考えます。野口はイニングごとに良かったり悪かったりで毎回それなりに試合は作るものの、勝ち星も3勝どまりで寂しいところです。本人も試合前に言っていましたが、「今はもう内容じゃなくて結果(勝ち星)なんです」というのはまさにその通りです。現在の野口の勝ち星は3勝5敗。せめて残りの登板を2勝1敗ペースで行って7勝7敗とか8勝7敗とかにして欲しいものです。昨年戦力外扱いされ、今季も開幕後しばらくファーム暮らしを強いられた野口は、何だかんだ言って今年はローテに入って頑張って投げ続けているんですから。

 そんな野口に対する応援の気持ちも高まっていたのですが、初回3者凡退に抑えたかと思いきや2回はいきなり3連打で2失点。ああああ、またいつものパターンだ………。

 しかしその後は野口も立ち直り、相手の先発・新人の小島もいい投球をして両チーム0行進。これって何か昨日の展開に似てるなぁ…と思ったら、6回に野口が突如崩れピンチを招いて降板。ああ、また勝てなかった……。

 後続は二番手鈴木が断ち切り、その裏の6回。広島は好投した小島を下げました。この継投も「?」でしたが、新人なのでという配慮なのか、初めから目処をつけて降板させるつもりだったのかは分かりません。ともかく、広島二番手の森がストライクが全然入らず、ウッズヒットで福留があっさり同点弾! その後も怒涛の攻撃で井端の勝ち越しグランドスラムも飛び出して大逆転で勝負あり!…と思ったら昨日同様終盤リリーフ陣と岩瀬が打たれて2点差にまで追い上げられたものの何とか逃げ切った、という試合でした。スコアは7対5。いやぁ、ほんと昨日同様に天国と地獄の狭間を何度も行き来させられる起伏の激しい試合でした。しかし勝ちは勝ち。昨日も今日も、負けパターンの試合をよくひっくり返してくれました。胸がスッとする勝利でした。

 あ、いや、でも完全にスッとはしなかったなぁ~。やっぱり野口があれでは……。野口が降板した後に味方が逆転というパターンは今年何度もありますが、敗戦投手の権利を持って降板したのに負けが付かなくて良かった、と見るべきか、もう少し頑張っていれば勝ち星が付いたかもしれないのに勿体無い…と見るべきか。自分は後者です。勝ち星が欲しいなら、打線云々ではなくやはり自分がもう少ししっかりしないと。しっかりしないとダメなんです。しっかりして下さい、野口! どんなことがあっても応援してるから!

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-27 21:57 | 野口茂樹関連 | Comments(0)

川相昌弘、気迫のツーベース!

 今日は残業で夜9時半頃会社を出たのですが、車に乗ってラジオをつけると、中日×広島戦は、8対6と中日リードであと1人コールが起きていました。そしてマウンド上の岩瀬が最後の打者をサードへのファールフライに打ち取ってゲームセット。中日が見事な逆転勝利を収めた瞬間でした。

 しかし、ローテ通りの川上ではなくマルちゃんとは…。これはまた例の3試合を2勝1敗で勝ち越す孫子の兵法の起用でしょうか(前も黒田の時に野口ぶつけたし…)。それとも来週からの阪神戦に川上をぶつけるためにあえて今回川上を飛ばしたのか、はたまたほんとに川上に何らかのアクシデントがあったのか…? 落合監督のことですから正直なところは話してくれないと思いますが、こちらももう慣れたので知りたいとも思いません。ただ、このローテ変更が吉と出るか凶と出るか。それだけです。

 しかし今日は5回まで零封されていて「こりゃ何となく負けパターンだな~」と思っていたところをよく6回にひっくり返しました。黒田が突如の乱調とラジオでは言っていましたが、その隙を見逃さず一気呵成の攻撃で打ち崩したドラゴンズ打線に拍手を送りたいです。

 …しかし、谷繁のタイムリーで同点に追いつき、なおも一死一・三塁で代打で登場した高橋光信。これ以上ない見せ場で出してもらったのに打てなかったのは痛いです。こういう時に打てば今日のヒーローになれたのに~。もったいない…(結局続く荒木が勝ち越しタイムリーを放ち、お立ち台に)。

 劣勢の展開から相手のエースを打ち崩して逆転し、終盤リリーフ陣と守護神が打ち込まれてピンチを作りながらも最後は逃げ切って勝つ…という試合は、観ていて随所に盛り上がったり冷や汗をかいたりする場面があって展開としては一番面白い試合かもしれませんね。何より、こういう試合を競り勝った方というのは、残り2試合でも精神的に優位に立てると思うんです。負けた方は後に引き摺るような負け方ですからね。

 この試合で嬉しかった出来事を3つ挙げるとすれば、3位は勝ち越しタイムリーを含む3安打で打率をようやく2割8分台に乗せた荒木。やはりトップバッターが打率.270とか.260じゃサマになりませんからね。2位はチャンスに弱いと言われていたアレックスの貴重な犠飛。この後広島打線の反撃にあったことを思うとこの1点は大きかった。そしてIzanagi32的第1位は、守備固めで入っていた川相のツーベース(笑)。何しろ川相さんは今日で今季57試合目の出場ですが、今まで打席数はわずか18。そのうち送りバントが5つなので有効打席が13で、安打は3本。打率.230だったのが、今日のヒット1本で.286と高打率となり、守備とバントがウリのスーパーサ部長(笑)川相さんも、打率的には打ってる打者の仲間入りです。

 英智のように59試合で37打数3安打、打率.081と打つ方はさっぱりだけど守備は凄くて一軍になくてはならない存在という選手もかっこいいですが、内野手の川相、渡邉のような選手は、やはり守りだけでなくある程度打つ方でも貢献していかないと若手の突き上げもありますから目立ちませんからね。そういう意味で、「俺を忘れるな!」という感じのこの川相さんの一撃が今日一番嬉しい出来事でした。

 …しかし川相さん、去年は1シーズンでわずか6安打なのにそのうち2本が劇的なサヨナラヒット、今季も今日のヒットを入れてもわずか4本だけなのに、得点圏では8打数3安打で得点圏打率.357、打点6、犠打も3と、驚異的な数字を残しています。特に6打点というのが素晴らしい。得点圏打率は高橋光より高いし、これだけ勝負強い打者を守備固めだけで使うのは勿体ないような気すらしてきます。

 しかし、「もっと出たら活躍出来るのに…」とみんなに思われながら、サブで出てきてキチっと自分の仕事をする。これぞスーパーサブの本懐であり、観ている者の心をくすぐる活躍なので、これはこれで良いのです(笑)。川相の意外と勝負強い打撃に、今後も注目して密かに応援していきたいところです。

 …手前味噌ですが、川相の“スーパーサ部長”って響き、何か気に入ったなぁ(笑)。
d0047363_045837.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-26 23:07 | スーパーサブ関連 | Comments(3)

阪神公式板で久々に久慈さんの話題が……

 今日はドラゴンズは試合がありませんでした。しかし阪神が広島に敗れたためゲーム差は0.5縮まって2.5ゲーム。これはまた週末のペナントレースから目が離せなくなりそうです。

 あ、そうそう、これを言っておかねば。

 このブログはその日の試合展開を追って書いて批評するのが目的のブログではないので、試合があった日でも更新されないことがあります。というのも、管理人の仕事が昼勤/夜勤の交代勤務であること、そしてまた昼勤でも残業があると帰宅するのが夜10時過ぎになってしまうため、テレビ中継を観れないことも多いからです。また、毎試合毎試合、その日の試合展開を詳しく解析しているブログさんは他にたくさんありますので、自分としてはこの『久慈記』は基本的にミーハー路線で行きたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

 ええと。

 『久慈記』なので阪神の久慈さんの話題を書きたい書きたいとずっと思っているのですが、二軍の試合にもほとんど出ておらず、悲しいほど話題がないのが実情です。この点は他の久慈ファンサイトさんを覗いても同じ状態のようで、とにかくファンは久慈不足になっています。

 そんな中、阪神オフィシャルサイトの掲示板で久しぶりに久慈さんの話題が出たと思ったら、次第に内容が「久慈もそろそろ引退の時が来たように思います」という方向に展開して行っていました。仕方ありません。36歳のベテランが故障でもないのに春先2試合出ただけで二軍に落とされ、その後一軍に呼ばれることなく、二軍の試合にもあまり出ていないんですから。今まで頭の中でそういうことを考えることはあってもここに書くことはしてきませんでしたが、夏も終わりに近付き、公式板でもそういう話題が出るようになってきたことで踏ん切りがついた部分もあったので、これからは思ったことは素直に書いていくことにします。

 とはいえ、久慈さんの復帰をあきらめたワケではありません。厳しい現実は現実として受け入れながらも、他の久慈ファンの方々同様、久慈さんの一軍昇格を待ち望んでいますし、またあの素晴らしいプレーが見られることを願っています。春先見せてくれたあのスーパープレー。ああいうプレーが出来るショートは阪神には久慈さん以外いませんからね。
d0047363_0323442.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-26 00:31 | 久慈照嘉関連 | Comments(4)

巨人・阿部コンバート?/中日・次世代捕手前田再昇格

 いやー、しばし更新が止まってしまいました。ここ数日、夜勤の仕事が忙しくて朝帰宅してから更新する元気がありませんでした。すみません。

 その間、立浪や谷繁が不振からスタメンを外されたり、中里が二軍で復活登板をしたり一軍に昇格した中田君が好投して連敗を止めたり…と、ドラゴンズにとって色々な話題もありました。今日のヤクルト戦でも40歳のベテラン山本昌が好投すれば、本日一軍復帰した岡本がこちらも復帰登板を飾り、立浪がスタメンに復帰したものの今日もレフトでスタメン出場した森野が決勝3ランを放つなどして快勝。明るい話題も徐々に増えてきました。

 夕方6時頃、パソコンをつけてYahoo!で今日のプロ野球各カードの先発オーダーを見ていると、巨人×横浜戦のところで一瞬目が止まりました。

「えっ、何? 何で阿部がファースト…?」

 びっくりして巨人ファンの同僚にメールしちゃいましたよ。最初は何か偵察要員か何かでこうなったのかと思いましたが、捕手は村田善が出てるし、阿部は本当にファーストを守ってました。

 …そうか~。

 阿部のリードの悪さはずっと以前から言われていましたが、その天才的な打撃があるためずっとスタメンで出続けていました。しかし、やはり堀内監督は阿部のリードに限界を感じたのでしょうか? 「阿部が正捕手でいる以上、巨人は強くなれない」とか言われてましたし、自分もリード面では村田や西山の方が阿部よりいいような気はしていたので、敵チームのことながらこのコンバート(一時的なのでしょうが)には賛成です。

 一説にはFA権を獲得した城島や谷繁をオフに獲る為の布石とか言う人もいますが真相はよく分かりません。でも、清原がいないからこそ出来る大胆な試みだと思います。

 阿部のコンバート。(一時的とは言え)その打撃力をますます活かし、投手力もアップさせるという意味で、堀内監督の英断だと思いますよ。

 さてさて。中日の方ではスーパーサブの1人、ベテラン柳沢が若い前田章と入れ替えで二軍降格となってしまいました。4年契約が今年で終わり、FA権もまた再取得した谷繁が来季残るかどうか分からない状況の中、次の竜の正捕手最有力候補と言われている前田をここで使うというのもまたいいでしょう。

 今年の中日の一軍登録選手の中で捕手の枠は2つですが、スーパーサブとして信頼厚い柳沢は単なる谷繁の“控え捕手”ではなく、枠を1つもらった“正控え捕手”だと思っています。前田が狙うのはこの柳沢の位置ではなく、谷繁の位置。今の状況で来年もし谷繁がいなくなったら…と考えるのは恐いですが、センターライン強化を目指す巨人辺りが確かに獲りそうな気がしないでもないですし、仮にドラゴンズに残ったとしても谷繁は来年36歳ですから、そろそろ次の世代の捕手を育てなくてはなりません。打撃と肩には定評がある前田。密かに期待してますよ。

 …そう言えば前から思ってたんですが、この前田章と巨人の阿部って顔が似てません?

 リードは似てもらっては困りますが、打撃は似てくれるといいなぁ…(笑)。
d0047363_1471322.jpg

【それぞれ巨人、中日の公式サイトより転載】

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-24 01:54 | 阪神タイガース関連 | Comments(5)

ご連絡…

 今日3回目の更新です(笑)。

 といってもまあこの記事は連絡事項ですが…。

 このブログのデザインをちょっといじりました。といってもスキンを替えたのと、レイアウトを少々変更し、カテゴリも「野口茂樹関連」「アレックス・オチョア関連」「高橋光信関連」「スーパーサブ関連」と細分化しました。「光信」と「スーパーサブ」は微妙に被っていますが、光信はご承知の通りスーパーサブの中でも贔屓して応援している選手なので独立しました(笑)。

 本題である「久慈照嘉関連」の記事が増えないのが残念ですが……。

 前向きに頑張って行きますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-08-21 13:24 | その他… | Comments(2)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite