久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

モンテコックリ挙式

 忙しくてこのブログの内容も数日遅れの記事がちょくちょく目立つようになりました(笑)。

 今日の記事も過去の出来事です。過去と言っても2日前ですが。

 えーと、日曜日(27日)にですね、10年来の友人であり、熱血ドラゴンズファンであり観戦仲間でもあるモンテコックリ君が結婚しました。自分ら夫婦はお相手のYちゃんとも何度か一緒に野球観戦したり遊んだり飲みに行ったりしていた仲だったので、夫婦で呼んでもらいました。
d0047363_23381831.jpg

 数年前の自分らの式の時は、まだモンテコックリ君達は付き合いだしたばかりだったのでモンテコックリ君しか呼んでなかったんですが、式の中で、嫁がブーケをモンテコックリ君にあげたんですね。「これ、Yちゃんに渡してね」って。その時モンテコックリ君はびっくりしながらも、「分かりました、自分達の(式の)時には2人ともお呼びします」みたいなことを言っていたんですが、後日ブーケをモンテコックリ君から受け取ったYちゃんがとても喜んでくれて手紙をくれた(メールじゃないところが嬉しいね)こともあり、その時の約束が現実の事となったということで、我々の喜びも非常に大きいものでした。

 今まで友人や同僚の結婚式には何度も出席して来ましたが、新郎も新婦もよく知っている同士の結婚式というのは初めてだったので、緊張しながらも幸せそうな2人を見ているだけでこっちも幸せな気分になって来ました。終始うるうる状態だったYちゃんとは対照的に、ほとんどいつもと変わらない様子で平然としていたモンテコックリ君は、やっぱり緊張していたのかスピーチの度に噛みまくって笑わしてくれました(笑)。
d0047363_23193151.jpg

 披露宴の時に一緒のテーブルになったモンテコックリ君の友人というのが、以前野球観戦で顔を合わせていた人達ばかりだったので、この日はその観戦の時にみんなで撮った写真等を渡そうと思い、あらかじめプリントして持って行ってたんですが、その中に赤い蝶ネクタイを頭に付けているモンテコックリ君の写真があったので、これをキャンドルサービスの時にキャンドル周辺に並べておいたら、うちらのテーブルに来た新郎新婦がそれに気づき大爆笑(笑)。楽しかったな~。
d0047363_23195647.jpg

 新郎最後の挨拶で、「目標として、友人であるイザナギさん夫婦(実際は勿論実名で)のように、明るく、楽しく、暖かい家庭を築いていきたいと思います」って言ってくれたのにはびっくりしたしすごい嬉しかったけど、この時もモンテコックリ君は噛んでたなー。というか、うちら夫婦も実態はドロドロしてるんだけどね~…(苦笑)。

 披露宴が終わった後も自分達夫婦は最後まで残って、最後に4人で記念撮影。それまでは一緒に写真を撮っても笑顔が硬かったモンテコックリ君も、式が無事終わったということもあってか、いつも写真撮影をする時の笑顔に。それを見ていたモンテコックリ君の母上が、「○○(モンテコックリ君の本名)、みっともないから口を閉じなさい!」としきりに注意するも、うちの嫁が「これが普段の○○(同)君なんです」と言うと「えー?」というような顔をしていたのも面白かった(笑)。

 何はともあれ、楽しい、良い式でした。モンテコックリ君、Yちゃん、末永くお幸せに。来年またみんなで一緒にドームに行こうね~。
d0047363_2320725.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-29 23:38 | その他… | Comments(2)

久慈に興味を示してくれているところ

 以前中スポに、「阪神を自由契約になった久慈には、広島、オリックスなどが興味を示していると言われている」とかいう記事が出ていたと書きましたが、オリックスって、今中村ノリと清原の獲得を目指して交渉してるんですよね。それを久慈さんの先日の「興味を示してくれているところもあるみたいだけど、枠の問題もあってまだ分からない」というコメントと照らし合わせると、これはオリックスのことかなーとか思ってみたり。つまり、清原とノリがオリックスに来なければ枠が空くんで、そうしたら久慈さんを獲るよ、ということなのかなぁと。

 あくまで個人的な憶測ですが。

 うーん。

 客を呼ぶという意味では話題性抜群の清原を獲りたいというのも解るし、バファローズの生え抜きであるノリが戻って来ればファンが喜ぶというのも解ります。なのでオリックスがこの2人を獲りたいというのはとてもよく理解出来るんですが、もし久慈さんの言う「興味を示してくれているところ」というのが本当にオリックスだとしたら、清原とノリには早く結論を出してもらいたいなーと思います。メジャーの夢を捨て切れないノリが悩むのは仕方ないとして、清原は時間かかり過ぎですよ。声かけてくれてるところがオリックスしかないんだから、夫人の反対云々言う以前の問題のような気もします。

 あー。でも久慈さんって'02年オフに中日から阪神に移籍した時もノリの返事待ちでしたね。

 ノリ~!
d0047363_23464213.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-29 22:30 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

入れ替わり

 先の投稿の続きですが、この日、我々一家は自分の実家に泊まったのですが、夜、何か本でも読もうと思い、結婚するまで使っていた自分の部屋の本棚を見ていたら、「ドラゴンズファンブック2001」が出てきました。これは毎年開幕前発売される、文字通りファンのための本なのですが、パラパラっと見てみると、懐かしい顔ぶれが。「あ、久慈さんこの年に登録名をテルにしたんだったな」「大豊が出戻りで復帰した年だったんだ。開幕戦に代打でヒットを打った時は感動したよな~。あ、李もいる。開幕してすぐ星野監督と揉めて退団しちゃうんだよなー」「武田も今中もこの年が最後だったんだよなぁ…」「バンチもギャラードも好きだったけどコーチや監督と揉めて退団しちゃったんだっけ…」と、当時のドラゴンズの思い出が次々と蘇ってきて懐かしい気持ちになりました。

 そんな時、ふと「この年に在籍していた選手って、今何人いるんだろ?」と思い、メンバー表を見ながら数えてみました。最初は半分くらいは今もいるのかなーと思っていましたが、実際数えてみると、2001年在籍していた選手70人中、既に51人が退団もしくは引退していました。特に入れ替わりが顕著なのは捕手で、7人中残っているのは柳沢1人だけ、外野手も11人中、井上と英智の2人だけしか残っていませんでした(福留は当時内野手)。内野は立浪、荒木、井端、渡辺、森野、高橋光の現一軍定着メンバーしかおらず、投手も川上、岩瀬、山本昌ら中軸の選手は残っているものの、彼らを除けば、わずか5年でほとんどの選手がドラゴンズから去っていることになります。

 「うわー、こんなに入れ替わってるんだ…」と思うと同時に、「やっぱり一軍に定着出来ない選手達って生き残れないんだな~」とこの世界の厳しさを改めて実感しました。

 今季ドラフトで入団が決まった新人選手達も、素行に問題があったり致命的な怪我をしたり見込みがないと判断されれば、最短で2年でクビです。特に最近は昔に比べて見切りが早いように思います。

 プロでその力が通用するか全く分からないルーキー達は、ある意味戦力外と隣り合わせの立場とも言えます。今年も大勢の選手がユニフォームを脱ぎ、それと同数くらいの新人がユニフォームを着るわけですが、彼らが1年でも長くプロ野球選手としてプレー出来るよう祈ってます…。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-27 23:57 | 中日ドラゴンズ関連 | Comments(0)

久慈 トライアウトの模様

 金曜の夜は夜勤だったんですが、この日あった関西地区のトライアウトの模様がテレビで放送されるであろうと思い、実家に連絡してビデオで幾つかのスポーツ番組を録画しておいてもらいました(我が家のハードディスクレコーダーは日本シリーズの時の失敗があるので使用せず)。

 そして土曜日の夜、実家に行き、録画しておいてもらったビデオを順番に見ました。すると、おお、出てる出てる、やっぱり久慈さんが出てました。前回のトライアウトのニュースの時も久慈さんは出たようですが、今回は移籍先の決まった他の有名どころの選手が少ないためか、ほとんどのスポーツニュースで久慈さんが大きく出ていました。
d0047363_23181240.jpg

 中でも「すぽると」では久慈さんの華麗な守備だけでなく、久慈さんのコメントも放送してくれました。話しておられる内容はスポーツ紙に出た通りのものでしたが、個人的には久慈さんの声をこうして聞くのも久しぶりだったので、久慈さんが喋っている映像を見られたというだけで嬉しかったです。ありがとう、すぽると! 2002年のD×S開幕戦の試合前、一緒に観戦に来た仲間3人とユニ姿でナゴヤドーム周辺をウロウロしていると、突然テレビクルーとインタビュアーがやって来て、「すぽるとです、今年のドラゴンズはどうですか? 何か名古屋人らしいコメントをして下さい」と要求し、自分達が悩んでいると「エビフリャー打線だ!とか言って下さい」と強要し、周囲の嘲笑の視線にさらされながらも3人で「エビフリャー打線だ!」と言ってあげたのに結局放送では使わなかった…ことのウラミは忘れてあげよう(笑)。
d0047363_2324964.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-27 23:46 | 久慈照嘉関連 | Comments(2)

関西地区トライアウト 久慈「悔いなく出来た」

d0047363_12413844.jpg

 昨日の関西地区のトライアウトは無事終了した模様です。

 今回のトライアウトは2回目ということもあり、1回目の時に比べると既に入団が決まった選手達がいなくなった分参加選手は少なく、その顔ぶれを見てみると、ファンの贔屓目なしに見ても久慈さんが一番知名度も実績もあり、主だったスポーツ紙のトライアウトに関する記事では結構久慈さんの記事やコメントが出ていました。

 これは本日のスポニチの記事ですが、3打数1安打だったんですか? ヒット、三振、四球という情報もありましたが(なら2打数1安打)。

 それはともかく、打つ方でもヒットが出て、守備でも久慈さんらしい鉄壁の守りを見せる事が出来たようで何よりです。1回目の関東地区のトライアウトに続いて2回目も久慈さんはまだまだ働けることを十分示すことが出来たと思います。

 記事的には来季への希望が持てる前向きな内容ですが、個人的には「悔いなく出来た」という久慈さんのコメントが非常に重いです。何と言うか、「これで声が掛からなかったら、オレは今の日本のプロ野球で働く場がもうないということ。出来るだけのことはやったんだから、それならそれであきらめがつく」という感じの、何か達観したような雰囲気さえ漂ってきます。

 もしこのまま引退となった場合、「阪神でコーチになっとけば良かったのに…」と言う人もいるでしょうけど、自分はでも、久慈さんがコーチ就任の話を蹴ってまで自由契約にしてもらい、現役続行に一縷の望みを託してこうして若手に混じって2度のトライアウトに参加した事に拍手を送りたいと思います。あのままコーチ就任の話を請けて引退していたら絶対後悔したはずです。今回こうして久慈さんの口から「悔いなく出来た」という言葉が出てきたことに、ファンとしては寂しさもありつつ、その反面で、胸のつかえが取れたような気がします。

 さて。

 久慈さんは野球選手としての自分が持つ全ての長所をアピールすることが出来ました。あとは編成の人達がこの2回のトライアウトで出されたその素材をどう判断するかです。

 吉報を待ちたいと思います。
d0047363_12415892.jpg


にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-26 12:39 | 久慈照嘉関連 | Comments(3)

1%の可能性がある限り…関西地区トライアウト

久慈が選手トップに…タイガース選手会ゴルフ大会

 タイガース選手会ゴルフ大会が24日、兵庫県加東郡のタイガースGCで行われた。選手、スタッフ合わせて78人が参加し、グロス82ネット68.8の川原新冶打撃投手(43)が優勝。グロス88ネット71.2で3位の久慈照嘉内野手(36)が選手トップだった。

 ゴルフコンペで選手トップに輝いた久慈は、25日のトライアウトに挑む。「あした? 受けるよ。可能性が1%でもある限りはね。興味を持ってくれているところもあるみたいだけど、枠の問題もあってまだ分からない」。コーチ就任要請を蹴った守備の職人が、選手生命をかけ最後のアピールを行う。〔サンスポ 11月25日付〕


 久慈さん、最後のトライアウト前ということで多少緊張しているのかと思ったら、前日にゴルフで好成績を残していました(笑)。

 裏方さん達も参加したタイガース選手会のゴルフ大会のようですが、久慈さんの成績は選手ではトップだったようです。中日の谷繁もゴルフが好きで、今季前半打撃好調だったのは、昨オフのゴルフ中にそのスイングにヒントを得て打撃開眼したから…なんていう話もありましたが、野球選手でゴルフ好きという人は多いですね。

 以前、星野SDが中日の監督時代に毎年主催のゴルフ大会をやっていたような気がするんですが、それがテレビ中継された時、同じく当時中日に在籍していた久慈さんがゴルフをプレーする姿を見た事があります。関川さんも出てましたが、みんなそれなりに上手くて、「一流の野球選手はゴルフも上手いんやねぇ…」と感心していた記憶があります。

 それはさておき、本日は関西地区のトライアウトです。まだ就職先が決まらない選手達にとっては最後のチャンスです。久慈さんの「可能性が1%でもある限り」というコメントが心強いです。また、「興味を持ってくれてるところもあるみたい」って、どこのチームですか(笑)!

 遊撃手が手薄ということで久慈さんを獲得しないかと期待していたカープは、ドラフトで梵英心内野手を獲得しました。社会人で俊足・強肩・強打の遊撃手…という触れ込みの梵ですが、とりあえず凄い名前だなぁと(笑)。最初は「ぼんえいしん?」とか思ってましたが、「そよぎえいしん」なんですね。かっこいい名前です。即戦力として開幕スタメンも噂される梵君ですが、彼の獲得が決まったことにより広島が久慈さんの獲得を見送るようなことにならなければいいんですが…。

 久慈さんは選手枠のことをコメントしていましたが、広島はラロッカなど外国人を大量解雇してしまったので枠はまだあるはずです。

 そういえば、'02年オフの時も、阪神はFA交渉していた近鉄(当時)の中村ノリが来るか来ないかで選手枠が空くか空かないか微妙な状態で、結局ノリが近鉄残留を発表するまで久慈さんの獲得は見送られていた経緯があります。あの時も最終的に阪神が久慈さんと契約したのは暮れも押し迫った12月20日で、久慈ファンとして随分ヤキモキさせられた覚えがあります。

 今日のトライアウトで各チームの編成担当の人達にいいとこを見せて、パッと契約が決まれば嬉しいですが、久慈さんが来季もどこかでユニフォームを着られるのであれば'02年みたいに長引いてもいいです。獲得するチームも久慈さんも、お互い納得のいくように契約が決まってくれれば何よりです。

 ああ、でも早く決まらないかなぁ…(←本音)。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-25 14:08 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

笑顔の久慈さん

d0047363_1236834.jpg
 昨日の事ですが、夜勤の帰りに、この日発売の週刊ベースボールを買うため書店に寄りました。

 自分は子供の頃から読書が大好きで、夜どんなに疲れて眠い時でも、布団に入って枕元のスタンドの灯りで最低30分以上は本を読まないと気が済まずに寝れないという中度の活字中毒者です。

 独身時代は週2、3度は本屋に行き、いつも読んでいる野球や音楽の雑誌は勿論、好きなジャンル(ノンフィクションや歴史、自然関係など)の面白そうな本があると片っ端から衝動買いしていました。読みたい本がなくなると、ネットで古書取り扱いサイトを物色したりクロネコヤマトのブックサービス(超便利!)で読みたい本を探し出して買ったりしていました。

 そんな感じなので、自分にとっては「休日予定がなくて家にいたけど暇ですることがなかった」なんて事は絶対なく、予定がない日は1日ゴロゴロしながらただひたすら本を読み耽る…という、自分にとって夢のような1日になるわけです。遊びの予定が沢山入るGWや盆などの大型連休でも、絶対何日かは遊びの合間に予定を空けてそういう「読書の日」を作っていた程です。

 また、面白い本に出会った時は、仕事でつらい事があっても「家に帰ったらあの本の続きが読めるんだ…」と考えるだけで幸せな気分になったりします(笑)。 自分はそういう、ちょっと度を越した読書好きなわけですが、そんな自分も結婚してからは当然本の購入に費やせる小遣いも制限されてくる上に、決して広くはないアパートには実家にいた頃のように大量の本を収納しておくスペースもないことから、かつて欠かさず購読していた雑誌なども大半が立ち読みで済ますようになり、その他の本も買う時はかなり厳選して買うようになりました。

 …と、ここまでがまたいつもの長い前フリなわけですが(笑)。

 そんなわけで、読書家の自分も現在はそういう状況であるため、昨日書店に寄った際も、色々な雑誌を立ち読みしていたわけです。

 その中で、かつて購読していた月刊タイガース(11月1日発売の11月号)が目に入り、何気なく「久慈さん出てないかな~」と思いながらパラパラとめくってみたわけです。そしたら出てました、あの9月29日に甲子園で優勝を決めた時の1枚で、ベンチから飛び出す阪神選手の中に、みんなよりちょっと遅れてはにかみながらベンチを立つ久慈さんが!

 公式サイトだか何かで見た、ペナントを囲んでの全員の集合写真では久慈さんかわいそうな事になっていたので(首だけ;)、この優勝の日の写真でこういう素敵な笑顔の久慈さんの写真があったことが非常に嬉しく、週ベと共に月刊タイガースも衝動買いしてしまいました。まあ、これをご覧頂いている久慈ファンの方々は大半がチェック済みだったとは思いますが…(笑)。

 ……悪夢の日本シリーズで久慈さんのタテジマでの現役生活は終わってしまったわけですが、この記念すべき優勝の日に印された写真の中に、久慈さんの笑顔の写真が1枚だけでもあった…ということがただただ嬉しかったんです。以上です。
d0047363_12361611.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-24 12:42 | 久慈照嘉関連 | Comments(3)

「1年1着」…観戦用ユニ理念

 大学・社会人ドラフトも終わり、各球団とも来季に向けた戦力補強が最終段階に入りつつあると思われますが、久慈さんをはじめまだ移籍先が見つからない選手達はこの25日の関西地区トライアウトに全てを賭けることになります。1人でも多くの選手達が来季もユニフォームを着て現役を続行出来ることを願ってます。

 …さて。

 自分はいつも野球観戦の折には好きな選手のユニフォームを着て観戦しているわけですが、自分の中で毎年1着新しいユニを作るというのがここ数年の定番になりつつあります(笑)。

 ユニと言ってもその選手の「好き度」「期待度」によって幾らのユニを作るか変わってきます。

 久慈さんのように特別思い入れの強い選手だと約3万円もするプロコレクション(プロモデル)になりますし、「好きだけどまだちょっとどれだけ活躍するか分からないな~」と思う選手の場合はとりあえず5千~7千円前後のレプリカ(メッシュジャージ)になります。

 当然、野球選手は生え抜きであろうと人気選手であろうと、引退や退団などでチームを去る時が来ます。ユニを作る時はそういう事態も想定して作るわけですが、「せっかく高い金を出して作るなら長くチームにいそうなレギュラー選手のにしよう」とかいうセコイ考えはなくて、「1年1着」の理念(?)で、やはりその時自分が応援したいと思う選手のユニを作るようにしています。そうでないと球場で着る甲斐がないというものです。

 以前このブログでも書いた通り、自分達の仲間で“スーパーサブス”を結成しましたが、このメンバーにはそういう考えの人たちが集まっています。

 勿論、市販されているレギュラー選手のユニを着ている人を否定するわけではありません。市販のユニでも、その選手が本当に好きでその選手のユニを着ている人達は素晴らしいと思いますし、志(?)は同じ、真のユニフォーマーだと思いますしね。
 
 ただ、自分達のように控え選手のユニを作る場合、レギュラー選手に比べてオフに放出されたりする可能性が高くなるため、せっかくユニを作っても翌年その選手がいなくなってしまった…という事態になることも多々あります。なので、「特に好きな選手はいないけど5~6年は着たい…」と思ってユニを買われる方は、市販のレギュラー選手のユニにした方が懸命だと思います(体験者談)。…って、いつの間にか話がユニを作る時の注意事項になってますが続けます(笑)。

 自分は外国人選手も好きなのですが、外国人助っ人の場合、仮に良い成績を残していても契約の問題で1~3年で退団してしまうケースが多いので、日本人の控え選手より退団の確率はかなり高いと言えます。

 自分は今まで、ドラゴンズでは李鍾範、ギャラード、アレックスと歴代外国人選手のユニを作ってきましたが、退団のリスクの高い中、何故外国人選手のユニを好んで作るのかというと、外国人選手の背ネームがかっこいいから、というのがあります。李は「J.LEE」、ギャラードは「GAILLARD」。アレックスは「ALEX」と、見た目にかっこいいじゃないですか。日本人の名前って、アルファベットにして並べてみてもやっぱり日本人っぽさがあって、あまり文字の並びがかっこいい名前って少ないんですよね(そんな中、KUJIは格別にかっこいいと思います)。本当に好きな選手であれば文字の並びも気になりませんが、自分やSさんのようにユニに対して独特なこだわりを持っているユニフォーマーはやはり「背番号のかっこ良さ」や「文字の並びのかっこ良さ」というのも気になってしまうものなんです。

 で、まあ何が言いたいのかというと、そういうことも踏まえて、来年誰のユニを作ろうかな、ということなんですけど(前フリ長すぎ;)…。自分の場合、まず中日の選手にするか阪神の選手にするかというところから始まるので、まずそこを決めなければいけません(笑)。勿論、久慈さんがもしセリーグの他チームに移籍した場合はそのチームのユニをプロモデルで作ることで即決ですが、そうならなかった場合は、やはり来季も「1年1着」の理念に従って誰か他の選手のユニを作りたいと思っているんです。

 ん~。でも中日では既に持っているアレックスユニと高橋光ユニも気に入ってるからなぁ~。この2人は来季もいるし、この2枚があれば来年1年の観戦は乗り切れるかなぁという感じなので、来季は中日選手のユニは作らないかな…。あ、背番号が40か52だったら、個人的に応援しているルーキー・春田君のユニを作るかも(笑)。

 阪神の方では、やっぱり久慈さんが退団しても久慈ユニを着たいというのがあるんで、来季は久慈ユニと……あと予備で誰かレプリカユニを作ろうかなぁという感じです。ドラゴンズ一筋だったSさんも来年の観戦用に金本兄貴のユニを買ったっていうし、来季はナゴヤドームでSさんと本気で阪神応援してそうな気もするしなぁ…。そうなるとやっぱり「その時在籍している選手」のユニも持っておきたいなぁと。じゃあ誰の?となった時にまず思い浮かぶのは下さん。文字数多くて得した気分だし(笑)、背番号の42も日本人らしくなくてかっこいいし。あとは秀太。あ、シーツもかっこいいな。作るなら白い縁取りのあるビジターユニがいいかなぁ…。

 よし、来年作るなら下さんユニだな。SHIMOYANAGI。文字数多いなぁ~。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-22 09:54 | 春田 剛関連 | Comments(4)

中日野口・FAで巨人へ!!

 本日11月17日、FA宣言していた中日・野口茂樹投手が巨人入りを表明しました。

 野口の件に関しては、このブログでもずっと書いてきた通り、FAでの移籍を推奨してきましたので、中日ファンとは言えショックはありません。ただ、同年という事で昔から岩瀬と共に応援してきた選手なので、やはり残念と言えば残念です。

 新人時代、試合でのミスを星野監督(当時)に怒られて坊主にさせられベンチ内でずっと立たされていた事、エースとして'99年の優勝に貢献してMVPに輝いた事、投打が共に低迷していた時期、援護のない中で毎回野口だけが孤軍奮闘して星野監督から「野口はほんまにチームの孝行息子や」と評された事。ヒーローインタビューではいつもはにかみながら「中村さんの(リードの)おかげです」を連発していた事、山田監督になり女房役だった中村が横浜に放出され、代わって入った谷繁とは相性が合わず、また自身も故障して、その後ずっと満足な投球が出来なくなった事。そして、現体制になり落合監督と森コーチに干され続け、トレード要員の話や背番号剥奪構想が出るなど、エースとしてのプライドも何もかも壊されてしまった事。

 野口がいた間、良い事も悪いことも楽しい事も悲しい事も色々ありましたが、今まで「いることが当たり前」だった選手が来年からもうチームにいないと思うと、やはり淋しい思いでいっぱいです。

 でも、野口のことを考えたら、このまま中日で干されてジリ貧になるより、必要とされるチームで投げる方が絶対にいいわけですし、巨人の清武代表が言っていたように、まだまだ歴史を作っていける選手だと思いますしね。会見でのホッとした表情の野口を見て、「これで良かったんだ」と納得することが出来ました。

 今まで「生え抜き選手でFA移籍した選手はいない」というのが、中日ファンである自分にとって中日ファンであることの自慢でしたが、元エースがフロントと監督によって追い詰められ、居場所をなくして追い出される形でこうしてチームを去ることになったのは、経緯が経緯だけにやはり悲しいです。

 勿論、野口自身も悔しいはずです。しかし、巨人再建を託された原監督にとって野口はまさに喉から手が出るほど欲しかった先発左腕。請われて、必要とされて巨人に行くわけですから、野口には「落合を見返してやる」なんて考えは、まあ全く持つなというのは無理でしょうけど(笑)、あまりそればかりに固執しないで、自分を信じて獲得してくれた原監督のため、チームのため、そして全国に数多くいる巨人ファンのためにこそ頑張って欲しいものです。

 移籍先が巨人ということであまり熱心に応援は出来ませんが、対中日戦で年間3勝くらいまでなら目をつぶります(笑)。同じく巨人に移籍した大西共々、来季ナゴヤドームで会えるのを楽しみにしています。

 頑張れ野口!!!
d0047363_0144123.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-17 23:54 | 野口茂樹関連 | Comments(2)

ドラゴンズの背番号変更

 さて、久しぶりに中日のことでも書きましょうか。しかも背番号の事など…。

 今オフ、戦力外やトレード要員などで退団した中日の選手は、平松(14)、矢口(61)、ブラウン(94)、田上(56)、清水清(60)、玉野(39)、都築(52)、仲澤(53)、ホッシャ(65)、ベロア(95)、幕田(35)、大友(38)、森(40)、土谷(46)、大西(58)そしてFA流出がほぼ確定的な野口(47)の16人(括弧内は背番号)です。補強の面では、トライアウトからテストを受けていた上田と鳥谷部を獲得、さらにアメリカ帰りのデニーも獲りました。新人では高校生ドラフトで4人を指名し、今週の社会人・大学生ドラフトでは4~6人を獲ると中田スカウト部長が話していました。もしこのドラフトで6人獲ればこれで13人。ここに野口の人的保障が1人入って14。あと外国人投手も獲るようなのでそれで15人となり、空いた選手枠はほぼ埋まるわけです。つまり、今オフ退団した選手達の背番号は、また新しく入ってくる選手達によって抜けることなく受け継がれるわけです(まあベロアとブラウンの番号は別として…)。

 そうなってくると、今度は誰がどの番号を付けるのかが気になってくるわけですが、ルーキー平田君は既に8番が決まっているようですし、加入組の中でも上田とデニーはすでに35と46を与えられています。また、今いる選手の中でも落合監督の指示で背番号の変更が決まっている人もいるので、まずそれら変更組の番号が決まってから新人選手達の背番号を決める、という感じになるのでしょうか。

 変更されるのはまず森野。入団以来、背番号変更の多い彼ですが、まず最初は'99年途中、当時8番を付けていた李鍾範が7への変更を希望したため森野は7から8への変更を余儀なくされ、次いで'01年途中にはトレードで移籍してきた波留に8を取られて16になり、昨年落合監督になって気に入られてまた8番にしてもらったものの、結局来季からは31に変更になるようです。これには落合監督の「サードの強打者と言えば掛布。掛布のような選手になれ」という願いが込められていると中スポには書かれていました。だったら去年16から8にしないで最初から31にしてあげれば良かったじゃん!と思ってしまいますが、どうやら真相は監督が自分が惚れ抜いて獲得したルーキーの平田にレギュラーナンバーの8を付けさせたかったからということらしいです。

 しかし、森野が31になるため今年その31を付けていたチェンが19に変更され、19を付けていた久本はまだ来季の背番号が未定ということらしいです。また、今季復活した中里が70から18に、18を付けていた朝倉が14に…という話なんですが、これもどうなんですかねぇ…。

 背番号って、ある意味グラウンドでは選手の“顔”じゃないですか。コロコロ変えるのは個人的には反対なんですよね。もちろん、長年活躍出来ずにいる選手がいい番号を剥奪されてしまうのは仕方ないし、活躍した選手やベテランが「もっといい番号にして欲しい」と自分から球団にお願いして変えてもらうのは有りだと思うんですが、良くも悪くも選手の背番号というのはグラウンドでは顔以上に選手の顔になるもの。1年や2年でこうも簡単に変えられては本人たちも嫌なんじゃないですかね。思い入れとかもあるでしょうし。現役時代、6番にこだわり続けた落合監督ならその気持ちも分かるはずなんですが。

 というか、そもそも監督が自分の好みで選手の背番号をこれだけいじるチームなんて他にないですよ。自分の思いのままの色に選手を染めたがっているような気がしてちょっと異様です。

 背番号変更で今オフ一番騒がれているのは中里です。2001年のデビューは鮮烈でしたし、今季復活して中継ぎでプロ初勝利をした時は嬉しかったですが、それでも5年間で4試合しか登板しておらず、1勝しかしていないピッチャーですよ。期待したいのは分かりますが、それをいきなりエースナンバーにするのはどうかな~と思います。2年前、朝倉に期待して18を与えたのに、それを取り上げて中継ぎで1勝しかしていないピッチャーにあげちゃっていいんですか。

 中里には自分も期待してるし活躍して欲しいですよ。でも森野や久本らの変更とあわせて、ちょっとねぇ…という感じです。

 背番号変更の件もそうですが、昨オフから、人気と実績もあるベテランや有望な若手を次々に放出し、彼ら以上の力があるとも思えない選手を獲得して来たりと、落合監督の試合の時以外の“采配”には疑問符がつきまくりです。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2005-11-16 00:16 | 中日ドラゴンズ関連 | Comments(0)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite