久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

BBH近況②

 昨日の記事の続きです。

 1番から3番まで打率と出塁率の高い打者を並べ、4番には長打力はなくともチャンスでの勝負強さのある福浦(ロッテ)を配して臨んだBBHですが、本日4試合やって1勝2敗1分とまたも負け越してしまいました。

 まだ初段の自分に対して相手がみんなかなり格上だった(5~7段)こともありますが、それにしても点が取れませーん。相変わらずヒットでチャンスは作るんですが、今日も4試合で得点はわずか3点。その3点のうち1点は久慈さんのスクイズで、もう1点はゲッツー崩れの間に入った1点。つまりタイムリーでの得点はわずか1点のみ。4試合でタイムリー1本だけですよ。いくらなんでもこりゃちょっと重症です(原因として自分の采配ミスもありますが…)。

 采配や作戦面での失敗は自分がもう少しプレイして経験を積まないとどうしようもならない部分もあるわけですが、チーム成績を見てみると、得点力に直結する本塁打数、盗塁数が極端に少ないのがやはり気になります。それを補うためには選手カードの補強が必要になってきますが、友人とのカードトレード、オークションやショップで使えそうなカードを手に入れる等、いろいろ補強の方法はあるものの、資金力(小遣い)の問題もあって何千、何万円と値のついているキラやグレードカードは買えないですし、そこまでいかなくても個人的に500円以上の値がつけられているカードは買いたくない(500円出すなら1ゲームプレイしたい)ので、なかなか大きな補強は出来ません。

 そんな時、前回の記事に書いた、立浪や関川らのカードをくれた同僚からメールが来て、使ってないから荒木(中日)のキラカードを譲ってくれるというので(ありがとう!)、次回プレイする時は早速登録して使うことにしました。また、代走要員として天谷(広島/外野手/走力18…一時期代走要員で登録していたものの現在は登録抹消中)の再登録も考えています。これで多少は足を絡めた攻撃が可能になるかもしれません。

 荒木の代わりに清原を、天谷の代わりに川相、秀太、森笠、関川のうちの誰かを抹消する予定です。長打力不足の中、チームの二冠王の清原を抹消するのは苦渋の決断ですが、ファーストの福浦が好調で、サードの今岡も外せない事を考えると、清原はスタメンで使うこともほとんどなくなってしまうので、抹消を決めました。長打はアレックス、嶋、ラロッカ、今岡らに期待することにして、まずは理想とする「機動力を活かしたつなぎの野球」を目指すことにしたいと思います。

 さて、『久慈記』的にはこのゲームの中の久慈さんについても触れないわけにはいきますまい(笑)。

 我がチームの久慈さんは、全28試合中26試合に出場、65打数19安打で打率.292と好調を維持しています。他の選手との兼ね合いもありたまにスタメンを外れることもありますが、勝ちパターンに入れば守備固めで登場してきます。

 チーム全体の得点力のなさもあり、打点は1打点のみ(先に書いたスクイズでの打点)ですが、守備では好手を連発していて、今日の試合でも'99年開幕直後の武田一浩投手の完封試合の時の、最後の打者のフライを背走キャッチした時のようなファインプレーが飛び出しました。

 ゲームの中でとはいえ、久慈さんの現役時代を彷彿とさせる活躍が見られるのも、自分がこのゲームにハマる理由の1つであることは間違いありません。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-29 02:19 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(4)

BBH近況

 以前書いたアーケードゲーム「ベースボール・ヒーローズ」ですが、現在25試合を消化しまして、初段と2段の狭間で奮戦中です。

 現在の主な布陣(基本オーダー)です。

 ①小関(右/西武(現・巨人))
 ②福浦(一/ロッテ)
 ③今岡(三/阪神/キラ)
 ④ラロッカ(二/広島(現・ヤクルト)キラ)
 ⑤アレックス(中/中日)
 ⑥嶋(左/広島)
 ⑦久慈(遊/阪神)
 ⑧谷繁(捕/中日)

 控え
  柳沢(捕/中日)
  清原(一・三/巨人(現・オリックス)キラ/調子次第でスタメン)
  立浪(三・外)
  秀太(二・三・遊・外/阪神/代走・守備固めの他、スタメンも多い)
  川相(二・三・遊/中日/ピンチバント、守備固め)
  森笠(外)
  関川(捕/外)

 先発
  工藤(巨人/キラ)
  上原(巨人/キラ)
  ドミンゴ(中日)
  藤井(ヤクルト)
  川島(ヤクルト/キラ)

 中継ぎ
  岡本(中日/キラ)
  山井(中日)
  河原(西武)
  ベイル(広島)

 抑え
  久保田(阪神)

 …と、こんな感じです。職場でやっている人が何人かいるのでカードの交換もたまにやっているんですが、喉から手が出る程欲しかった左の中継ぎのベイルは交換で獲得したカード、立浪、関川、嶋は同僚に温情でもらったカードです(笑)。あと、我らがスーパーサブ・川相はオークションで100円で落札しました(笑)。

 スタメンは調子次第で流動的なので、4番も毎試合変わっているんですが、だいたいラロッカか清原、アレックスが4番を打っています。しかし、毎試合チームの得点力があまりに低すぎるので(毎試合2ケタ安打でも1、2点しか取れないとかいう状態)、次回からはとりあえず長打力よりも打率が高くてチャンスに強い打者を4番に据えようと思っています(現時点では福浦が候補)。

 控えの清原は弾道MAXなので当たればデカイのを打ってくれる(打率は1割代ですが現在チームの打点、本塁打の二冠王)ので調子がいい時はサードスタメン使うんですが、その時はサードの今岡がセカンドに、セカンドのラロッカがショートにまわり、久慈さんはスタメンを外れて守備固めになります。でも、清原、今岡の守備はそれぞれDだし、ラロッカもショートはCだし、ファーストの福浦もそんなに上手いわけじゃないし…。ってことで打撃は強力でも内野守備がボロボロになってしまうこの布陣はあまり好きではないんですよねー。基本的にショートは久慈さんです(現在打率.303)。立浪、関川は控えになっていますが、これはまだカードをもらったばかりで一度もゲームで使っていないためです(笑)。能力的には十分スタメンで使える能力なので、他の選手の調子との兼ね合いでスタメン起用もあるはずです。

 そう、このゲームの場合、スタメンを決める時にならないとその試合での選手の調子が分からないので、実際はセカンドの今岡が外れてラロッカ・久慈さんの二遊間になったり、福浦が外れてファースト清原になったり、谷繁が外れてスタメンマスクが柳沢だったり、ラロッカが外れてセカンド秀太だったり…とほぼ毎試合オーダーは変わっているので、上に挙げた基本オーダーで戦えること自体あまりないんですね。でも、そんな感じで3試合に1回くらいはスタメンになる秀太や柳沢も、共に打率3割以上打っているので彼らがスタメンでも十分戦えます。まさにスーパーサブ!

 うちのチームには前にも書いた通り、最初は渡邉や光ちゃん、澤井、森野、森岡といったドラゴンズ組もいましたが、渡邉は実際と違って守備が上手くないし打つ方もイマイチ、光ちゃんも最初の頃、代打ホームランを1本打った他は全然打たないので、現在は共に登録抹消中…。森野、森岡、澤井らも同様にこのゲームでは能力が低く使えないので、初期の段階で消えました(でも今は代打の切り札と一塁の守れる控えがいないので、近々光ちゃんと渡邉は再登録する予定。そうなると誰を登録から外すかが問題になってくるわけですが…)。

 しかしまあ、こうして自分が監督となってゲームをするのなら、各球団のスター選手を集めたドリームチームを作って戦うよりも、自分の好みの戦いが出来る個性を活かしたチーム作りをしたいと思っています。特に自分の場合は一芸に秀でた職人軍団は外せません。0対1で負けてた試合で、9回2アウトランナーなしの場面から代打で起用した光ちゃん(特殊能力・代打)が同点ホームランを打ってくれた時や、終盤逃げ切りを計ったもののリリーフ陣が打ち込まれ1点差まで追い上げられて、なおも二死満塁のピンチで、守備固めで投入していたショートの久慈さん(特殊能力・守備職人)が、センターに抜けそうな痛烈な打球に追い付いて間一髪アウトにした時などは、何とも言えない充実感に包まれます(笑)。自分の場合、はっきり言って、こういう事が出来るからこそ、このゲームをやっているようなものです。リードして終盤を迎えれば、久慈さん、秀太、川相ら守備の上手い選手を試合展開や状況に応じてどんどん守備固めで投入していくんですが、この詰め将棋のように相手を追い詰めていくようなサブ選手の起用方が好きなんです(これは星野監督の影響だな…)。

 初プレイから約1ヶ月で1万円程を注ぎ込ませたこのBBH。金欠会社員にとってはまさに悪魔のゲームです…(笑)。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-28 00:26 | ベースボール・ヒーローズ | Comments(0)

2005年版プロコレ久慈ユニ新知見

 先日、関西在住の久慈ファンというMASAさんという方からメールを頂きました。以前から『久慈記』は見ていてくれたそうなのですが、ようやく自宅にネットが開通したとのことで、初めてメールをくれたのでした。そして、そのメールには自分も知らなかった久慈ユニについての新知見が記されていました(以下、MASAさんからのメール本文や画像はご本人の許可を取って掲載しています)。

 阪神復帰後の久慈さんのユニフォームの背文字が年毎に変わって行き、'05年にはホームもビジターも「KUJI」の文字が小さくなったということは今までも書いてきました。しかし、メールに添付されていた、MASAさんがプロコレの久慈ユニ(ホーム)を着用している写真を見た時、自分と同じ大きい文字の久慈ユニだったので、最初は'03年か'04年のプロコレだろう…と思っていたのですが、MASAさんのメールには「添付の写真は、昨年作った2005年版プロコレ久慈ユニです」とあり、更に「KUJIの文字の大きさが従来のままでした」と書いてありました。……ええっ、プロコレなのに実物と違うの!? 文字デカイままなの!? 画像を見ると、確かにMASAさんの所有する久慈ユニの左肩には、昨年限定の球団創設70周年記念のワッペンが入っているので、この久慈ユニは間違いなく2005年モデルです。えええー!?
d0047363_2264337.jpg

 昨シーズン限りで久慈さんが引退されてしまい、「KUJI」の文字の小さくなった'05年モデルを買っておかなかったことを後悔し続けてきた自分にとって、これは衝撃的な事実でした。今までは買わなかったことを後悔していたわけですが、これがもし買っていたら、文字が小さくなっていることを期待して買ったのに届いたのは自分が持っている'03年モデルと同じ大きさの文字のユニだった、ということになります(…その方がショックだったかも。ワッペン等の違いはあれど、基本的に全く同じユニをまた3万円出して買ってしまったことになるわけですから)。

 しかし、プロコレと言えば、選手が実際に着ているユニに忠実に、ほぼ実物そっくりに作られている、値段も質も最高級のレプリカユニですが、そのプロコレですら、久慈さんの背文字変更に対応して(気づいて)いないとは…! MASAさんもメールで「デサントもちゃんと仕事して欲しかった…」と言っておられましたが、ほんとその通りです。

 …でもまあ、こんなことに驚きショックを受けるのは、久慈ファンでも自分達のようにごく一部の人間だけでしょうけど……とにかく衝撃的な事実でした。

 ところで、メールを下さったMASAさんも相当なこだわりユニフォーマーのようで、自分がここで常々書き綴ってきた久慈ユニについてのこだわりや文字のバランスなどについても共感して下さっていました。メールには「久慈への想い、ユニフォームの字や背番号の大きさなんかのこだわり…などなど。同じような方がいるんやと…。(中略)甲子園にもこんなヤツがいるということを一刻も早くお知らせしたくて…」と書かれており、自分も、遥か遠方の地に、久慈さんや久慈ユニに対して同じようなこだわりを持っている人がいたということを知って感動しました。今月は『久慈記』を続けてきて良かった、と思うことがいっぱいです。

 また、MASAさんも自分同様にユニを沢山所持しているらしく、阪神復帰後の久慈ユニだけでも3枚持っておられました。そしてその中には、3年前、球場で着ている人を見かけた時に「それはないやろ、シャープ産業!」と思わず言ってしまったシャープ産業製の久慈ユニ(下画像左)も入っていました(笑)。
d0047363_2262910.jpg

 「ビジター、シャープ産業製…甲子園の近辺の個人ショップで数年前に購入したものですが…。よくこんなもので満足しとったもんです。レイアウトから何から、今現在の我々の範疇から全く外れているシロモノですね。しかし、ある意味レアかも…」。

 そうです、MASAさんがおっしゃっている通り、誰もがこの文字バランスはないだろ!と思わず言いたくなってしまいます。公式サイトなどでシャープ産業製ユニを注文するとこうなってしまうので自分はスポタカさんにお願いしたんですが、その気持ち、分かって頂けたでしょうか(笑)。しかし、このタイプのユニは出回った数も少ないと思われるので、MASAさんのメールにある通り、シャープ産業製久慈ユニはレアなアイテムかもしれません。自分も記念に1枚買っとけば良かったな……。

 また、MASAさんはサイン入りの練習用Tシャツも持っておられて(上画像右)、これはオークションで落札された実使用品とのこと。いいなー。自分もいつか久慈さんにお会いする機会があったら、中日と阪神の久慈ユニにサインを入れてもらいたいものです(何枚あるんだ・笑)。

 「ユニ…本当はまだまだあるんです~! そのうち画像と一緒に、ボクの変遷史をお送りするつもりです。また見てやってください。周りの友人なんかはコダワリなんかは殆んど無い上、ボクがユニを語ると『マニアやな~』で終わりですから…」

 分かります分かります、自分も同じような思いをしてきましたから……。自分の観戦仲間であり、同じこだわりユニフォーマーであるSさんいわく、「ユニフォームは男のロマン」なんですよ。だからこそ、野球観戦の時は自分が納得出来るかっこいい物を着たいんです。そして、お気に入りユニでも、1年に何度も着ていると、普段着と一緒でやっぱり飽きがきたり「ちょっと他のも着たいな…」と浮気心が出てきてしまい、ついつい他のユニに手が出てしまうんです。だから毎年ユニが増えていく。でも、それもこれも、全て根底にあるのは、ユニにこだわり、ユニを着て野球観戦をするのが大好きだからこそ、なんです。

 自分のそういう価値観を他人に押し付けるつもりはなくても、ずっと同じユニを着ていたり出来のあまりよろしくない安価なユニを着ている人を見るとついつい「他のユニ買わないの?」と言ってしまうのも、同じユニフォーマーとしての気遣いなんですが、それがどうも「おせっかい」だったり「こだわりすぎ」と言われる所以のようです(笑)。この点は改めねばならないと思ってはいるのですが…(苦笑)。

 さて、自宅の廊下にハンガーで吊るして毎日眺めてニヤニヤしているスポタカ製ビジター久慈ユニですが、このブログを見ている多くの方からも賞賛のコメントやメールを頂きまして嬉しく思っております。中でも同じ久慈ユニ・ユーザーのMASAさんからは「素晴らしい出来ですね! Jの上の横棒…! なにを隠そう、ボクもまず目がいったのはそこでした!」と、やっぱり見るところは一緒なんだなーと思わせる嬉しい内容のメッセージを頂きました(笑)。

 しかし、MASAさんから送ってもらった画像を見て改めて思ったのは、「タテジマはやっぱり甲子園が似合う」という事でした。愛知在住で未だ甲子園に一度も行った事のない身としては、甲子園でタテジマを着れる喜びというのもいつかは体験してみたいと思っています。

 MASAさんからはこの他にも甲子園に行ったことのない自分にとっては興味深い画像も沢山送って頂きましたので、それらはまた後日紹介していきたいと思っています。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-14 22:09 | 久慈照嘉関連 | Comments(8)

久慈ユニ(ビジター)完成!

 …以前書いて何気に皆さんの関心の的になってしまった(笑)、ビジター久慈ユニが本日無事届きました。
d0047363_23475224.jpg

 前にも書いた通り、ユニ自体はシャープ産業製のユニで、ネームと背番号、胸番号はショップで圧着で入れてもらいました。背中の「KUJI」の文字バランスにこだわり、ショップの方とメールや電話でやり取りさせてもらったおかげで、非常に納得のいく仕上がりとなりました。

 4月下旬、唐突に「久慈ユニのビジターが欲しいな~」と思い、ネットで色々と探したところ、阪神ユニの圧着や刺繍を受け付けてくれるショップはすぐ幾つか見つかり、その中でも今回お世話になったスポタカさんのネットショップのタイガースユニの画像を見て、その文字バランスの良さに感銘し、早速メール。担当の方と何度か質疑応答した後、最後は電話でも話をさせてもらい、不安な点(文字の大きさ、バランスの悪さ)に対する不安も払拭されたので、注文するに至りました。

 ただ、こちらの希望は全て伝えたものの、スポタカ製の「KUJI 32」と入ったユニのサンプル画像があったわけでもないので、実際どんな仕上がりになるかは予想も出来ない状態でした。

 そして今日、スポタカさんからユニが届いたわけですが、恐る恐る袋から取り出してみてホッと一安心。いや、大満足。素晴らしい…。

 注文の際、担当の方が「ユニのサイズと文字数に合わせてバランスを取るので…」と言っていたのですが、文字の大きさ、バランスといい文句のつけようのない仕上がりでした(欲を言えば実物の久慈ユニみたいに“J”の上の横ボウがもうちょっと長いと良かったですが、そんなの木を見て森を見てないようなもので何ら気になるものではありませんでした)。

“KUJI”の文字は大きめですが、自分が所有する2003年版プロコレの久慈ユニのように背番号より目立つようなデカさではなく、文字の間隔と背番号とのバランスも非常に良く収まっていると思います。刺繍だったらなおカッコいいんですが、阪神のビジターユニのような二重チドリ(黒字の周りに白の縁取り)は、スポーツ用品店で刺繍してもらうと刺繍代だけで1万円以上かかってしまい、ユニ代と送料も入れると大変な額になってしまうので、スポタカさんのこの出来ならば、圧着で十分です(ちゃんとしっかりした光沢感や質感もあるしね)。

 自分は久慈さんが阪神に復帰した2003年からは、ナゴヤドームで観る中日×阪神戦の時はいつもタテジマの久慈ユニを着て阪神を応援してきたんですが、残念なことにタテジマを着ての阪神の勝率は0割。つまり一度も阪神が勝ったことがないんです(今年はまだ未観戦)。

 ユニ本体と送料・代引手数料込みで計7770円だったこのユニは、前にも書いた通り中日時代から数えて7枚目の久慈ユニです。このように見事に7が4つも並んだ縁起のいいこのビジターの久慈ユニですが(笑)、このユニを着て応援すれば、今年は阪神の初勝利が観られるかもしれません(?)。
d0047363_2358447.jpg

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-11 23:58 | 久慈照嘉関連 | Comments(8)

久慈さんのブルーのバッティング・グローブ

 あ、あ、あ、当たってしまいました…久慈さん公式ブログ『Kuji blog』のプレゼント企画に…。

 「当選は商品の発送をもって…」ということだったので、応募はしたものの当選していることは全然知らなかったわけですが、今日仕事から帰宅するとテーブルの上に大きな封筒が置いてあり(嫁とジュニアは外出中でした)、何か分からず手に取って裏面の差出人を見ると「Kuji blog」とあって……。でも、当たるとは思ってもなかった自分はそれでも「???」という感じで(鈍すぎ…)、封筒の表面と裏面を何度か見返してやっと気づきました。「あ、当たったんだ!」と…(笑)。

 何しろ今まで懸賞などには一度も当たったことのない自分なので、嬉しい反面、かなり動揺しました(笑)。家に誰もいなかったので一人で封を開け、当たった久慈さんのバッティング・グローブを取り出して呆然と眺めていました。そのうちじわりじわりと喜びが湧き上がってきて………その後しばらくは頭の中が真っ白だったような気がします。

 ようやく落ち着きを取り戻して今この記事を書いていますが、それにしても嬉しいです。公式ブログの久慈さんのコメントを見るとかなりの応募数だったようなので、もし抽選に外れた方がこれを見ておられたら気分を悪くされてしまうかもしれませんが、それでもやっぱり嬉しいので喜びは隠し切れません(笑)。ポーカーフェイスな自分ですが(?)、自然と顔にも笑みがこぼれてきます(笑)。ほら、いつもより“(笑)”も多いでしょ(笑)?

 それにしても、応募の時のメッセージに「中日ファンです」と書いたのが良かったのか、はたまた偶然なのか、何色かあるバッティング・グローブの中で、ブルーを頂けたのは本当に嬉しいです。阪神時代の久慈さんも好きですが、やはり愛知で生まれ、愛知で育った根っからのドラキチですから、ブルーが好きなんです…。

 ああ。運のいい日だなぁ、今日は! 今朝のめざましテレビの「今日の運勢」でもおとめ座1位だったし(笑)。いやいや、そんなことより何より、プレゼントを提供して下さった久慈さん、そして抽選・発送して下さった事務局の方々には心から感謝感謝です。ありがとうございました。

 4年前、月刊ドラゴンズに投稿が掲載された時に景品として頂いた久慈さんのサイン入りパネルと共に、大切にしたいと思います。
d0047363_19414459.jpg
追伸。。。
 自分がこのプレゼントに応募したことを知っていた嫁は、今日封筒が届いて当選したことに気づいたわけですが、あえて帰宅前に自分には知らせず、さりげなく机の目立つ所に置いておいてくれました。そんな心憎い演出にも感謝です。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-09 19:37 | 久慈照嘉関連 | Comments(7)

久慈ユニのこだわり

 今回は、前回触れた「久慈ユニについてのこだわり」ということで。

 えーとまあ、こだわりと言っても自分の場合ユニを自作しているわけでもないので、あくまで既製品に対しての「譲れないところ」という感じになるわけなんですが、一番こだわるのはやはり「KUJI」という背文字のバランスです。

 中日や阪神、巨人などは、背文字の文字数に応じて1文字1文字の大きさが変わる、ということは以前にも書きましたが、阪神の場合、例えば矢野さんの「YANO」と久保コーチの「KUBO」を見比べてもらうとよく分かるんですが、同じ4文字なのに文字のバランス(配置間隔)が全然違うんです。きっちり締まっている「YANO」に対し、「KUBO」は横に広がりすぎて1文字1文字の間隔が広く、非常にアンバランスな印象を受けます(中継などで出てきたら是非見比べて下さい)。

 また、同じ4文字でも'03年に久慈さんが着ていたユニの背文字は1文字1文字が非常に大きく、「YANO」や「YABU」「YAGI」と言った当時一緒にプレーしていた同じ4文字の背文字の人と比べて、文字が非常に目立ち過ぎていた感がありました。自分が持っている久慈ユニ(プロコレ)は'03年製モデルなので上記したように文字が大きいのですが、同じプロコレクションの矢野ユニと比べてもその文字のデカさが妙に際立っています(下の写真参照)。
d0047363_23312720.jpg

 翌'04年は何故か久慈さんはビジターユニのみ「KUJI」の文字が小さく(矢野さん達と同じサイズ?)なり、翌'05年にはホームもビジターもこのサイズになりました。何故久慈さんのユニだけが毎年このようなマイナーチェンジをしたのか、この辺りの経緯は不明ですが、個人的には'05年モデルの小さめの文字のKUJIユニの方がバランスが良くてかっこいいと思います。
d0047363_23314322.jpg

 …以前から阪神のビジターの久慈ユニ(プロコレ)を欲しいと思っていながら、昨年買わなかった(買えなかった)ことを後悔していた自分としては、プロコレはもう作れない(在籍選手しか作ってくれない)ので、今回レプリカで久慈ビジターユニを作ろうと決意しました。しかし、レプリカはこの自分が一番こだわる「文字バランス」について大きな問題があるのでした。

 阪神のレプリカユニは沢山の種類が出ていますが、現行のグレーのビジターユニのレプリカは、シャープ産業製のメッシュジャージしかありません。今までも散々このブログではシャープ産業製メッシュジャージの出来の悪さを書いてきましたが、このビジターユニもホームほどではないにせよ、やはり出来はあまり宜しくありません。しかし、頼みの㈱一球も「ビジターユニを出す予定はありませんか?」という質問には答えてくれないし、もし出てもどうせサイズはいつも通りフリーサイズのみだと思うので、自分は㈱一球がビジターユニを出してもあまり恩恵に預かれないであろうと思い、それならもう仕方ない、ということでシャープ産業製のビジターユニ(LL)を買う事にしたのでした。

「KUJI 32」と入ったユニはレプリカでも既製品がないので注文して背番号と背ネームを入れてもらうことになるわけですが、このシャープ産業製ユニ、普通に阪神オフィシャルサイトなどで購入すると背中の文字や数字が妙に小さく、非常にバランスの悪い出来になるのは多くの方が既にご承知の通りだと思います。特に文字数の少ない名前のユニはそれが顕著で、下は久慈さんと同じ4文字の矢野さんのシャープ産業製ユニ(某オークションより拝借)の画像ですが、数字はデブっとしてるし文字は小さいしユニによって出来不出来が激しくて文字間隔バラバラだったりするものもあるし……と、見事な三重苦となっております。
d0047363_2332724.jpg

 このように、普通に公式サイトなどで注文してしまうとこんな仕上がりになってしまうので、もっと実物に近いバランスで文字を入れるためには、もっとこだわって背文字を入れてくれるショップを探すか、いつもドラゴンズのユニを作る時に利用してるスポーツ用品店に無地のユニを持ち込んで、文字のサイズやバランスなどを指定して刺繍してもらうかのどちらかしか方法がなかったのですが、ネットで探すと、さすが関西、かなりバランス良く背ネーム、背文字を入れてくれそうなショップが幾つか見つかりました。

 その中から、ビジターユニのあの白い縁取りの刺繍(圧着)もキチンと再現出来ていて値段も手頃なショップを選び、メールと電話で自分のこだわりについてショップの方と何度かやり取りをしました。そして一応自分が納得出来そうな仕上がりにしてくれそうだったので、そのショップでビジターの久慈ユニを注文しました。

 '01年にユニフォーマーとなってから今まで幾つかのショップでユニフォームをオーダーしてきましたが、過去、出来上がった物を見て「失敗した!」と思ったショップもあれば「素晴らしい!」と感嘆したショップもあります。今回は初めて注文したショップなので、出来が楽しみでもあり不安でもあり……という感じです。でも、対応して下さったショップの方が凄くこちらの話を聞いて下さる方だったので、こちらもこだわりたいところはハッキリ伝えましたし、あとはそのショップを信じて出来上がりを待つのみです。

 ユニが届いたらまた結果を報告しますが、出来が芳しくなかった時のことも考えて、その時までショップの名前等は伏せておきます(笑)。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-06 23:33 | 久慈照嘉関連 | Comments(9)

今年もやっぱ“KUJI”で

 自分が物心ついた頃から中日ファンで、久慈さんが阪神に復帰してからは二足のワラジで久慈さんを応援してきたことは今までも書いてきました。

 愛知県民なので野球観戦はほとんどナゴヤドームですが、'03年~'05年の久慈さん阪神在籍時の中日×阪神戦の時は、中日ファンであるにも関わらずタテジマの久慈ユニを着て久慈さんを応援していました。これも今まで何度も書いてきました。

 で、久慈さんが引退された今、自分が今後中日×阪神戦をどういうスタンスで観戦するのかというと…。

 タテジマの久慈ユニを着ます(笑)。いつも一緒に観戦している中日ファンの仲間達には申し訳ないですが、今年もタテジマの久慈ユニ着させて下さい(笑)。

 まあそれでも自分なりに色々と思うところもあって、色々考えはしたんですよ。昨年までの自分の中の「久慈>中日>阪神」という図式が、久慈さんがいなくなったことによってただの「中日>阪神」となって、心情的に阪神を応援する気というのはほとんどなかったんです(元来中日ファンですから)。ただ、'03年からの3年間、久慈さんを通じて阪神を応援するようになって、好きな選手も沢山出来たし、今年も開幕から中日を応援しつつも、やっぱり阪神も気になってしまうんですよね…。

 今年はまだ中日×阪神戦は観戦していませんが、昨年までナゴヤドームでタテジマを着て阪神を応援していて、何か楽しいというか、中日の応援より阪神の応援の方が盛り上がって楽しいんですよね。正直、中日×阪神戦を観戦している時は阪神が勝っても中日が勝ってもどっちでも嬉しい、という感じなんです。タテジマ着てる時は当然阪神を応援する気持ちが強いので阪神が負けると心底悔しいんですが、冷静になれば「まあ中日が勝ったならいいか」となるし…(笑)。

 ここらへん、自分でも複雑なんですが、例えるなら二股をかけてて本気になっちゃった人の微妙な心理状態というか…。「最初は遊びのつもりだったけど、こっちも本気になっちゃった」「もうこうなったらどっちでもいいや」みたいな…。

 ……って、自分は実生活では二股かけたことはないのであしからず(爆)。

 まあそんな感じなので、今年も8月にナゴヤドームで中日×阪神戦を観戦する予定ですが、その時はタテジマの久慈ユニ着てますので宜しくです(誰に?)。

 あ、「そんなに阪神が好きなら他の今いる選手のユニ着ないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分は久慈ユニ以外タテジマは着ません。大好きな下さんユニを作ろうと思ったこともありましたが、やはり今でも野球選手で一番好きなのが久慈さんなので、これからもタテジマ着る時は久慈ユニで通します。既に今年用の新しい久慈ユニも注文中です(中日時代から数えて7枚目……ラッキー7です・笑)。

 次回は、その久慈ユニについての“こだわり”について書きまくる予定です。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2006-05-03 00:49 | 久慈照嘉関連 | Comments(5)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite