久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

開幕一軍メンバー公示

 いよいよ開幕も明日に迫りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか(笑)。

 昨日は開幕一軍メンバーが発表になりました。中日はまあ予想通りのメンツ(落合監督に嫌われている選手会長・井上が入らなかったのも予想通り)でした。

 一方の阪神のメンバーを見て嬉しかったのは、我らが光ちゃん(みっちゃん…昨年まで中日にいた高橋光信の愛称です。阪神ファンの皆さん、光ちゃんをよろしくお願いいたします。きっと中日打倒の大きな戦力になりますよ)が一軍メンバーに入ったのと、スーパーサブの秀太、サウスポーの吉野、そして自分のイチ押しの赤松が入っていたことですね。

 光信については、親のない子供達の施設への慰問活動など、オフの間の慈善活動を積極的に行ったりしていた人柄も含めてファンだったので、昨オフ、不可解な解雇をした落合監督のことは本気で怨みましたし、拾ってくれた岡田阪神には心から感謝しました。「根が優し過ぎて勝負事(野球)には向いてない」なんて言われた時期もありましたが、代打の切り札として2004年~2005年に見せてくれたあの奇跡的な勝負強さをまた甲子園でも見せて欲しいものです。

 秀太は、星野監督時代には大変重用された選手ですが、岡田監督になってからは出番も激減し、昨年などはトレードのニュースが出たりと、ここ数年は不遇を囲っていました。しかし今季は見事開幕一軍入り。嬉しいですね~。課題の打撃も今年は良い感じで来ていますし、2003年のようにスタメンもいけて代走、守備固めも出来るユーティリティ・プレイヤーとして存在感を示して欲しいです。

 吉野も、通常の中継ぎ業務、ロングリリーフ、ワンポイント、敗戦処理…といつでもどんな場面でも投げられる存在として星野監督には重用されましたが、岡田監督になってからは出番が減ってしまいました。自分はかつて中日に在籍していた正津(現・西武)が好きだったのですが、谷間の先発、ロングリリーフ、中継ぎ、ワンポイント、敗戦処理もいける万能中継ぎ投手の正津と、2003年当時の吉野の姿が被り、当時は共に背番号も21番で同じだったことから、ひそかに阪神投手陣の中では一番応援していた選手でした。今年から背番号も47という左のエースナンバーを背負った吉野の活躍に、今年は注目したいです。 赤松も、今年は一軍に定着出来るように頑張ってもらいたいものです。

 ああ、そうだ。

 個人的に、この開幕直前の一軍メンバー公示の時って、2005年までは毎年ドキドキしていたんですよね。理由はもちろん、久慈さんが入るかどうかだったのですが(笑)。

 主力として一軍が確約されていた2001年の開幕までは「一軍にいて当然」だったのでドキドキすることもなかったのですが、同年シーズン中から中日では井端がショートのレギュラーに定着したこともあって、久慈さんの出場機会は激減、夏場以降はずっと二軍暮らしでした。そんな状態で迎えた翌2002年は、監督が山田監督に代わったこともあって、久慈さんの起用法をどうするのか注目していたのですが、山田監督も「ショートは井端」を明言し、久慈さんはオープン戦でも出番はあまりなく、終盤の頃には仁村コーチ(当時)の口から「一・二軍の当落線上の選手」と言われていました。

 思い返せばこの年が一番「開幕一軍メンバー発表」まで緊張した年だったかもしれません。監督が変われば使われる選手も変わるのが世の常。山田監督は「ベテランをベンチの隅に追いやることはしない」と言ってくれてはいましたが、やはり心配は心配でした。

 結局この年は久慈さんも無事開幕一軍メンバーに入りましたが、発表された時の久慈さんのコメントも「入れるとは思わなかった」というような消極的なもので、それがまさに当時の中日の中での久慈さんの立場を物語っていたように思います(結局この年限りで中日を退団)。

 阪神に復帰した2003年はキャンプ中に故障したため開幕二軍スタートは分かっていましたから初めからあきらめていましたし、翌2004年は前年の活躍があったので「一軍には入るだろう」と確信していて不安は何もありませんでした。反対に2005年は、前年出番が激減したことから多少不安はありましたが、特に内野手の陣容も変わっていなかったので心配まではしていませんでした。

 …過去にはこんないろいろな悲喜こもごもあった「開幕一軍メンバー発表」だったのですが、今年は光信、秀太、吉野と、自分が応援している3人がみんな一軍に入ってくれたので、かなり嬉しい出来事でした(あと巨人の野口も嬉しかったなあ~)。

 チームによっては、開幕メンバーから裏ローテのピッチャーを敢えて外して、その分開幕カード要員で中継ぎや代打を増やすチームもありますが、いずれにしても開幕の28人に入った選手達というのは、少なくともその時点ではベストメンバーとして選ばれた選手なわけですから、当落線上の選手……つまり秀太や光信、吉野には、与えられたチャンスを活かして、少しでも長く一軍にいられるよう…いや、一軍でシーズンを完走出来ることを願っております。

 ダラダラ長くなりましたが、いよいよ明日、開幕です!
[PR]
by Izanagi32 | 2007-03-29 22:27 | 久慈照嘉関連 | Comments(0)

文字の大きい久慈ユニと小さい久慈ユニ

 先日、このブログをご覧頂いているつじやんさんという方からメールを頂きました。

 「ちょくちょく拝見させてもらってます。古い話ですけれども、去年、2005年の久慈選手のプロコレの「KUJI」の文字の大きさが話題になっていましたが、MASAさんのプロコレは文字が大きいですが、私のは小さいです」

 な…なにぃ~!? これは久々に心揺らめくニュースでした。しかもメールには画像も添付されており、そこには2003年モデル(下)と、文字の小さい2005年モデル(上)が並んで映っていたのでした。た…確かに2005年モデルは文字が小さい…。
d0047363_22443654.jpg

 阪神に久慈さんが復帰した2003年~2005年の間、久慈ユニが毎年マイナーチェンジしていたのは過去にも書いてきましたが、プロコレについては2005年モデル(ホームタイプ)を購入されたMASAさんが「背文字は大きいまま(2003~2004年モデルと同じ)だった」と報告されていたので、てっきりプロコレと言えどそういう微細な変化には適応していないのね……と思っていました。しかし、つじやんさんから送られてきた画像には、確かに文字の小さい久慈ユニが写っています。同じ2005年に久慈ユニのプロコレを注文したMASAさんとつじやんさん。しかし2人のユニは違う。これはいかに?

 最初自分が考えたのは、「2005年シーズンの最初の頃に注文した人には、これまで通りの文字の大きなユニが送られていて、それを受け取った何人かの人が「これ今年から久慈が着てる文字の小さいのとちゃうやん!」ということで製造メーカー(デサント)にクレームを出し、それ以後はメーカーも実際に久慈さんが着ている文字の小さいユニに仕様を変更した…」というものでした。何となくこれが正しいような気がしたので、MASAさんとつじやんさんに2005年モデルを申し込んだ時期を聞いてみました。

 そしてMASAさんからの返信。「まずは久慈ユニの申し込み時期を早速調べてみました。伝票を見たら2005年9月25日でした。プロコレの注文受付が9月いっぱいまでなので、慌てて阪神百貨店に行ったのを覚えてます。で、納期は久慈の自由契約が決定した日の前後何日やったと思います」……あれっ、シーズン終盤に申し込んでるんですね…。自分の読みは早くも外れました。続けてMASAさんからのメールには、「文字の大きさが以前のままになったのは、デサントの作業状況を想像するに…「おっ!この時期にプロコレ注文ね。ん? 32って事は久慈か? えぇ~っと久慈の字のパターンはどれやったっけ?? 滅多に注文ないもんな~。ま、4文字やし多分これやろ!」…で過去の写真か何かを見て「あっ、やっぱりこれやなっ」ってなカンジやったと思います…(笑)。ここで矢野か八木の写真なんかも同時に見てたら話は違ってたかもしれませんね。ま、悪い言い方をすると「やっつけ仕事」やったんやないかと思います」とあり、最後に「同じ2005年にプロコレの久慈ユニを注文された文字の小さいその方は、多分早い時期に注文されたんじゃないでしょうか?」と書かれていました。そしてつじやんさんからの返信には、「私のは発売と同時に申し込みましたので3月はじめの申し込みで4月中ごろには届いていたのではないかと記憶しています」とあって、MASAさんの推測が状況的には裏付けられる結果となりました。

 勿論、ここに書いていることはあくまで推測の範囲であって、真実かどうか確証はないわけですが、どちらにしても2005年モデルの久慈ユニが2パターン出来てしまったのは、MASAさんの推測に近いような理由であったのではないか、と思います。即ち、「メーカー側の人的ミス」ということです。自分もドラゴンズのプロモデルでは2度人的ミスでクレームを出したりしているので、値段が高いプロコレとは言え、結局は人間が作っている物なのでミスはある、ということなんでしょうね。

 でも、考え方によっては2005年モデルで文字の大きい久慈ユニというのも大変貴重ですし、第1期阪神時代から通して唯一文字が小さくなったつじやんさん所有の文字小モデルも貴重です。共に大切にして欲しいです。自分も、文字の大きい2003年モデルの久慈ユニは、思い出がいっぱいつまっているユニなので、大切にしたいと思います。

 また、MASAさんからのメールには、「Izanagiさんとボクの久慈ユニ。KUJIの文字は一緒でも、背番号のサイズはIzanagiさんの方が大きいと思います」とあり、MASAさんがネットオークションで購入されたプロコレ兄貴ユニ(2004年モデル)と、MASAさん所有の久慈ユニ(2005年モデル)との比較写真が添付されていました。ご覧の通り、2005年モデルの久慈ユニの方が背番号が小さくなっています。(19cmと21cmだそうです)
d0047363_22483985.jpg


 この点についてMASAさんは、「久慈を筆頭に赤星とか小柄な選手が「ボクらは特に背番号がデカく見えるから、ちょっと小さくして欲しい」って提案があり変更しましたもんね・・。そやから背番号に関しては、(2003年モデルの)Izanagiさんは変更前で、(2005年モデルの)ボクのは縮小後だと思います」とおっしゃっていましたが、確かに久慈さんそんなこと言ってた時がありましたねー。あれは確か2004年オフの契約更改の時でしたっけ? それで実際変わったのかは分からないままだったんですが、やっぱり大きさはマイナーチェンジしてたんですね。貴重な新知見でした。MASAさん、ありがとうございます。
d0047363_22491332.jpg

 引退してからもこうして我々ファンを驚かす久慈ユニ(笑)。果たして次に久慈さんがタテジマのユニを着る時は、「KUJI」文字は大きいのか小さいのか(笑)。この点も大変興味深いところです。

 最後になりましたが、メールを送って下さったつじやんさん、そして色々興味深いお話を聞かせて頂いたMASAさんに感謝申し上げます。ありがとうございました。

にほんブログ村 野球ブログへ
[PR]
by Izanagi32 | 2007-03-21 22:50 | 久慈照嘉関連 | Comments(6)

ご無沙汰です

 なかなか更新出来ずすみません…。新ネタもあり、その記事もほとんど書いてあるのですが、先週までは春闘で忙しく、今週は残業続きだったのでまだ仕上げられていません。明日か明後日には更新する予定です。ご協力頂いた方々には申し訳ありませんが、もうしばらくお待ち下さいませ~。

 久慈さんの公式サイトが開設されておりました(今日まで知りませんでした…)。こちらです~。
[PR]
by Izanagi32 | 2007-03-20 22:59 | その他… | Comments(1)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite