久慈記~Kujiki~

kuji.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中日・井端の追い求める後ろ姿

 慈・リバイバル・ブームなんでしょーか。

 今日、仕事帰りに何気にコンビニに寄り中スポを買って読んでみたら、久慈さんの事が書かれていました。
d0047363_22101032.jpg

 中スポでは不定期に「丸ごと○○」といった感じで毎回選手を一人ずつ紙面1面を使って紹介しているのですが、今回取り上げられていたのは井端。「引退したら少年野球チームを持ちたい」という夢や学生時代のエピソード、DJ OZMAとの交流、近況のミニインタビューなどが載っていましたが、その他に「背番号6」という見出しがあり、そこで久慈さんのことが書かれていたのです。
d0047363_22103175.jpg

d0047363_2210469.jpg

 井端がドラゴンズに入団したのが98年。奇しくもこの年から久慈さんもドラゴンズに移籍してきており、春のキャンプでは当時のドラゴンズの「若手とベテランを同室にする」という方針から久慈さんと井端は同室となり、まさに公私共に一緒のキャンプを過ごしたのでした。

 大卒1年目の井端にとって、球界屈指の名ショートの久慈さんのプレーを間近で見られたことは大いに刺激となったのでしょう。「球界でも1、2の守備のうまい人です。ひたすら、後ろから、斜めから、どこからでも見てました」とこの記事の中で井端も語っています。

 井端がショートのレギュラーに定着した01年は、勝ち試合では守備固めで久慈さんがショートに入り井端はセカンドに回るのが定番でしたが、井端が遊撃手として大きく成長した02年は、勝ち試合でも井端は最後までショートを守り、久慈さんはセカンドの守備固めに入るようになりました。当時の週ベのインタビューで井端は、「セリーグで一番うまいと思うショートは久慈さん。だから今、自分の横で久慈さんがセカンドを守っていると「これでいいのかなぁ?」と思う」と複雑な心境を吐露していました。

 04年から3年連続でゴールデングラブ賞を受賞し、今や日本球界を代表する名ショートとなった井端が、果たして今現在、久慈さんのことをどう思っているのかひそかにずっと気になっていたのですが、この記事の中で井端は、「久慈さんには、未だに追いついていないと思ってます」と語っており、今も理想の守備を追い求めていることが書かれていました。

 今やゴールデングラブの常連となった井端に、多大な影響を与えた名手・久慈。その退団後、井端本人の希望で井端は久慈さんの付けていた背番号6を継承しました。しかし、井端の継承したものはその背番号だけではないことがこの記事で分かり、嬉しくなりました。

 …これを読んだ久慈ファンで阪神ファンの人が、牛若丸三世(?)とも言うべきドラゴンズの井端も応援してくれるようになったら、嬉しいな~。
[PR]
by Izanagi32 | 2007-08-28 22:11 | 久慈照嘉関連 | Comments(11)

久々の久慈ユニ観戦&久慈さん

 半年ぶりの更新です。

 土曜日はナゴヤドームへ中日×阪神戦を観に行ってきました。

 久慈さん退団後は阪神熱もすっかり鎮静化してしまい、今はチームとしてはドラゴンズを8割、アレックスの加入したカープを2割の力(?)で応援しています。

 なのでこの日も勿論ドラゴンズを応援してきましたが、先発小笠原の力投実らず敗北でした。くっそー。
d0047363_22544019.jpg

 この日は3年ぶりに久慈ユニを着て観戦したんですが、阪神戦だったので周りの阪神ファンから何らかのリアクションがあるかと期待しましたが何もなく残念。「おっ、久慈か。っておまえどっちのファンやねん!」とか言われてみたかったんですがねー。
d0047363_22551110.jpg

 久慈さんがドラゴンズで活躍した99年から、考えたらもう8年も経つんですね。そーなるとドラゴンズファンでも10代の人達とかだとドラゴンズ在籍時代の久慈さんを知らない人が多いのかもしれませんが、自分らと同世代以上のファンなら中には「久慈はいい選手だった」と覚えてくれている人もいるはず。今回は内野席でしたが、次はコアなファンが多いライトスタンドとかで久慈ユニを着てまた反応を調べてみたいなーとか考えとります(今年はもう無理かな)。

 26日、夕方やっているスポスタを何気に見ていたら、井端・荒木の守備の特集をやっていたんですが、アライバの好プレーの裏に隠された秘密を紐解く解説者として出てきたのが何と久慈さん(VTRでの出演)! おお……。テレビで久慈さんを見るのは2005年オフのトライアウトの模様の時以来だったので、嬉しい&びっくりで「久慈…」と絶句したまましばし呆然。途中CMに入ったので気を取り直し、慌てて番組を録画しました。

 内容としてはまずドラゴンズ時代の映像で久慈さんの紹介があり、数々のファインプレーが流れました。髪も今より長く真ん中分けで久慈さん若っ!と思いつつ、素晴らしいプレーの連続に見とれてしまいました。

 その後は先日の東京ドームでの中日×巨人戦でのアライバの試合の合間の微妙な動きや仕草から、これはどういう意味がありどういうことになるかなどを丁寧に解説されていました。
d0047363_2255347.jpg

d0047363_22554485.jpg

d0047363_22555224.jpg

 久慈さんのVTRが終わり、最後に司会の人とコメンテイターの川又氏(中日OB)が久慈さんについて「荒木、井端もそうですが、久慈さんも名手と言える素晴らしい選手でしたよね」「僕も現役時代、ヒットを打ってセンターに抜けると思ったら、そこにいるんですよ、久慈が…」と久慈さんを絶賛。野球界も毎年たくさんの選手がユニフォームを脱いで行きますが、こうやって語り継がれるプレイヤーの一人なんですね、久慈さんも…。

 この放送を見た中日ファンが久慈さんのことを思い出してくれたり、久慈さんを知らない若い子達が「名手・久慈」という名を覚えてくれたら、久慈ファンとしてこんな嬉しいことはないですね。自分も機会があれば球場で久慈ユニを着てアピール(?)していきたいと思います。

 …久慈さん、阪神の仕事が多いと思いますが、こうやってドラゴンズ関係の仕事もどんどんやって下さいね~。
d0047363_22573395.jpg

[PR]
by Izanagi32 | 2007-08-27 22:59 | 久慈照嘉関連 | Comments(4)

元・阪神&中日(現・阪神一軍守備走塁コーチ)の久慈照嘉ファンブログです。管理人はカープファンでもあります。


by Izanagi32
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite